ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

靴好きネイリストが教える ブランドおしゃれ靴をキレイで長持ちさせる魔法の方法

 f:id:eclara:20170830234439j:plain

 

ネイルサロン銀座エクラーラの山崎です。こんにちは。


いつもは爪のお悩みやネイルについて書くんですけど、今回はちょっと番外編、ということで私の趣味の一つ「靴」について書いてみようと思います。

 

あくまで超個人的な私の好みについて思うところを書いていますので、興味のない方には本当につまらないかも・・・なので飛ばしてもらって大丈夫です。

 

同じような話で以前、ルブタンについて暑苦しく語る記事にも書いてますが、今回はその第二弾です。

 

www.nailsaloneclara.com 

f:id:eclara:20170903232951p:plain

 

ネイリストである私が靴集めにハマってしまった理由とは? 

 

ルブタンの記事にも書いてますが、現在、ブランド靴を中心に集めてます。集めだしたのが約10年前。とあるデパートで一目ぼれした靴(ブランドは忘れました)をボーナスで買い、それから靴集めにハマってしまいました。

 

靴を集め始めて早10年。今まで買い集めたいわゆるブランド靴は30足以上。とはいってもボロボロになって捨てちゃった分もあります。今思うとホント、もったいないことをしました涙。

 

なぜ私が靴を集めるのか、それは【ブランド靴を履いた時のワクワク感が好き!】

 

f:id:eclara:20170831223958j:plain

↑写真がかなり粗いんですけど・・・横から見た時と、後ろから見た時の完璧な形。これぞブランド靴の魅力とも言えます。ちなみにこちらはマノロブラニク。スエードなのでお手入れしやすく、重宝してます。

 

この一言に限ります。でもこれって靴好きの人ならだれでもそうなんじゃないでしょうか?

 

また「足がキレイに見える」これも良く聞きます。靴によって足(膝から下)の印象ってかなり変わります。もちろんキレイに見せる事も可能。この効果を私はひそかに【ブランド靴の魔法】と呼んでいます。

  

きっとこの記事を読んでいるあなたも、ブランド靴の魅力を知っているのではないでしょうか?

 

ところで靴を購入する際に私が大切にしているルールがありますので次にご紹介します。

 

 【人からすごい!】と言われるものじゃなくて【自分が心から楽しめる】ものを集める

 

それが、それは「ワクワクする」「自分らしい」と感じた靴を「少しずつ集め」ていき、その靴を「お手入れをしながら長期間大切に使う」というもの。

 

そのせいか、いつも行くお洋服のお店とか、靴好きの友達とかに会うと「キレイに履いてるわね~」「コツは?」「どうやって保管してるの?」と聞かれることが良くあります。

 

実はキレイに保管できるようになったのはつい最近のことなんです。

 

それまで何足の靴を誤ったお手入れでダメにしてきたことか・・・泣く泣く靴を手放したことがあるなんて1足や2足ではないです。

 f:id:eclara:20170831102454j:plain

こんな思いをほかの人にもしてほしくない・・・ということで私が靴集めを通して学んだ「ブランド靴をキレイな状態で履く」 「キレイな状態を長く保つコツ」をご紹介しようと思います。

 

それでは早速始めましょう~!

 

f:id:eclara:20170903232951p:plain

 

大切なのが「履き方」「お手入れ」「保管方法」

映画とかでセレブとかお金持ちの女性のクローゼットとかを見ると、靴がずらーーーーっと並んでて、「今日はどうしよっかなぁ~」なんて選んでいるシーンがあったりしますよね。

 

 

私は正直、そういうの憧れます。でもセレブさんと違ってショップなんかに行っても「ここからここまでの靴、全部ちょうだい」なんてことは言えません。

 f:id:eclara:20170831110703j:plain

1足ずつ吟味して靴を購入し、それを大切に履く。これが私のモットーです。

 

そのおかげもあって、何年も同じ靴を手入れをしながら大切に履くうちに、ブランドごとの靴の特徴とか、お手入れのコツなんかが少しずつ分かってきました。

 

具体的には、【履き方】【お手入れ方法】そして【保管方法】です。

 

ほんの少し気を付けるだけで、数年後の靴の傷みが全く違ってくるんです。

 

ではまず【ブランドおしゃれ靴を数年後もキレイな状態に保つ】ための履き方についてご紹介しましょう。

【履き方のコツ1】ローテーションして履く

まず、「靴(に限らず洋服全般)は、履けば履くほど、痛む」というのが大前提です。

 

特に女性の靴はそうです。男性の靴とかですと、「履けば履くほど味が出てくる」なんて言いますし、実際にそうなんだろうな~と見てて思います。でも女性の靴は違う、と断言します。

 

以下は少しマニアックな話になりますが、その一つの理由は「華奢なデザイン」を実現するための「靴づくりの工程」が男性靴と女性靴で少し違うからではないかと思っています。

 

特に女性の靴の場合、多くは「接着剤」でくっつけてあることがほどんどです。男性の靴のように靴底を糸で縫い合わせたり、そういう靴はピンヒールやハイヒールでは見たことがありません。

 

事実、強力な接着剤の発明とともに靴のデザインが飛躍的に進化したともいわれてますし・・・

 

そういう理由もあって「女性用のヒールやパンプスは傷みやすい」のではないかと思っています。

 

f:id:eclara:20170831102726j:plain

そこで大切なのが【ローテーションして履く】という方法。

いくら気に入った靴であっても毎日履かず、他の靴と混ぜてローテーションして履くという方法です。

 

f:id:eclara:20170903233002p:plain

 

【履き方のコツ2】ローテーション用の靴があると便利

 私の靴の中で「影武者の靴」と呼んでいる靴があります。ブランド靴を買った際に、同じような靴をもう一足買い足します。

 

この「同じような靴」のことを「影武者の靴」と呼んでいます(笑)。なぜ影武者なのか?

 

f:id:eclara:20170118144004j:plain

↑お気に入りの靴を買ったら毎日履きたい!のが女ゴコロではないでしょうか?

 

f:id:eclara:20170829165819j:plain 

↑影武者の靴。とはいってもかなり吟味して買いました。靴底がゴムになっているのが心強い。多少地面が濡れていても平気!とても良い革を使っています(と信じています)。

 

 

 

それはローテーションして履くために用意した靴だからです。なのでブランド靴に比べてかなりお安めの靴になってます。

 

ブランド靴でも1回はいたら3日(かそれ以上)は休ませます。(←これすごく大切)

 

いくら高価なブランド靴でも毎日履くと・・・痛みます。目に見えて痛んじゃうからです。

 

でも、新しく買ったブランド靴はワクワクしますし。ついつい毎日履いてしまいそうになりますよね。そこで役に立つのが「影武者の靴」です。

 

ブランドの靴を休ませている間に、私は何時も影武者の靴を履きます。同じようなデザインや柄だったりすると、ローテーションしやすいのでとても便利です。

 

 靴や足をキレイに見せる本格フットネイルの秘密とは?

【履き方のコツ3】ピンヒールでありがちな「あ~やっちゃった」を防ぐために

ピンヒールやハイヒールを履いて一度はやったことがあるのではないでしょうか?それが「ヒールのすりむけ」です。

 

特にピンヒールのような超・超細いヒールだったりすると、歩いているうちにマンホールの穴の中にヒールが入っちゃうんですね・・・

 

後は道のちょっとした段差のところでヒールを当ててしまい、これまたヒール剥けの原因に(涙)。

 

ちょっとしたヒール向けなら、よれたマニキュア同様、指で撫でれば目立たなくなります。しかしあまりにも大きなヒール剥けの場合、これはもうどうしようもないです。

 

購入したお店に持って行って、修理する、という方法がいいんでしょうけど・・・。しかしエナメルの靴なんかだとこういう修理は難しいようです。

 

この「ヒール剥け」を簡単に防ぐ方法があるんです。それが「ヒール用のシールを貼っておく」という方法です。

 

f:id:eclara:20170825231749j:plain

すごく便利!お世話になってます↑

 

 

今ではヒールを保護するシールが売ってるんです。すごい!

 

まず購入したら私はヒール用のシールをとりあえず貼ります。新しい靴なんで、履き慣れてないですし、どんなところでコケてしまうかわからないですしね(笑)。

 f:id:eclara:20170829170548j:plain

↑シール貼ってます。ちょっとはがれてきてしまったのでお恥ずかしいのですが・・・

 

 

このシールに何度助けられたかわからないです。注意して歩いていてもやっぱりヒールを当てちゃうこともあるからです。

 

ただしこの方法はスエード靴には使えませんので、スエードの靴を履く際にはできるだけヒールを痛めないよう、注意して履きたいです。

f:id:eclara:20170903233002p:plain

 

【履き方のコツ4】 通勤は通勤靴で。本命靴は本命の瞬間にとっておく

 私がハイヒールを集めていることを知っている友人などによく言われるのが「私もハイヒール集めたいけど、通勤では履けないから無理~!」という事です。

 

結論から言うと、「通勤には通勤に適した靴を履く」というのが私の考えです。

 

もちろん通勤にハイヒールとか、高価なブランド靴を履いていくのもいいと思います。

しかし、私の経験上、出来たらやめた方がいいです。ホント。失敗しましたから。

 

以前ヒールが10センチ以上ある、マノロブラニクの靴を履いて通勤したことがあります。歩いて20分、バスに乗り、さらに15分歩いて通勤していたころの話です。

 

どうなったかといえば・・・マノロブラニクを捨てることになりました。

 

甲の部分の皮が裂けてしまい、ボロボロに。

 

ハイヒールだったことと、甲の部分がエナメルだったのが良くなかったみたいです。そのころ今よりも体重がかなり重かったので、私の体重を支え切れなかったのかも・・・。

あんなに頑張って買ったピンクベージュの美しいマノロブラニク。あえなく捨てることとなりました・・・それ以来通勤にブランド靴を履くことはやめました。

 

とはいってもヒールが折れたりすることがなかったので、今思うと捨てずにコレクションしておけばよかったなぁ、と思っています涙。

 

f:id:eclara:20170803152155j:plain

通勤はやっぱり歩きやすい靴が一番です↑

 

現在ですが、仕事場で履く靴と通勤用の靴は分けて使っています。

 

通勤用の靴で通勤し、仕事場で履くヒールは持ち歩き用の布袋(買った時についてくる)に入れて持ち歩いています。

 

通勤用の靴は歩きやすさを重視したものです。とても歩きやすいですし、実用的な点がとても素晴らしいです。

 

大事なブランド靴もキレイな状態を保てるのでとても助かってます。

 f:id:eclara:20170903232951p:plain

【保管のコツ1】保管の仕方で靴のヘタレ度は激減する

いくら高級なブランド靴でも、良い革を使っていても、メンテしなければキレイな靴の形を維持することはできないです。

 

逆に、靴を履かないときにも一工夫することで、次に履くときにまでにキレイな状態にしておくことができます。

 

その方法が「シューキーパーを入れておく」という方法。靴を履いて暫くすると、靴の形が自分の足になじんできます。なじむってすごくいいことなんですけど、言い方を変えると【崩れてくる】とも言えます。

 

この「崩れ」を元の形の状態に近づけてくれるのが「シューキーパー」です。

 f:id:eclara:20170826163922j:plain

↑愛用しているシューキーパー。人によっては【木製じゃなきゃだめだ】という人もいるようですが、私の場合、実用性と値段重視です。このシューキーパーは1個200円ぐらいでアマゾンで購入しました。私の持っているほとんどすべての靴に入ってます。

 

 

私の場合、以前は面倒だったのでシューキーパーを使ってなかったんですけど、そのとき気に入って履いていたのがジミーチュウのベージュパンプスです。

 

その大事に大事にしていたジミーチュウのパンプスを家に帰って脱いだ時に唖然としたことがあります。

 

それがあの美しいジミーチュウが「私の足の形に変形(崩れていた)していた」からなんです・・・

 

慌ててシューキーパーを入れたところ、元に近い形に戻りはしましたが・・・崩れは最後までなかなか直りませんでした。

 

せっかく高価な靴を買ったんですし、永くキレイな状態に保っておきたいですよね。そのためにもちょっとしたひと手間ですが、あなたの靴にもシューキーパーを入れておくことをおすすめします。

f:id:eclara:20170903233002p:plain

 

【お手入れのコツ】 我流のお手入れは靴を傷めることに。専門家にお任せしよう

 靴のお手入れってすごく大切!とかよく本に書いてあるのを読んだことがありませんか?

 

私の場合一時期「大人の女性のおしゃれブック」とか「パリの女性のおしゃれブック」とかにハマっていて、その中によく書かれていたのが「靴はその人となりを表す。だから靴のお手入れはしっかりしましょう」というフレーズ。

 

パリの女性は週末に靴のお手入れをする」とか書かれている本も読んだことがあります。今思うとほんとかな~って思っちゃいますけど、当時は本気で信じてました(笑)。

 

その言葉を忠実に再現し(かつ失敗した)私の経験をもとにした結論を言うと、「靴のお手入れは靴の専門家にお任せするのがベスト」という事です。

 

もし自分でお手入れするとしても、帰宅してから靴のホコリをブラシで払う、とかあと、シューシャインとかで革をツヤツヤにするとかその程度です。

 

特にエナメルとかスエードとかじゃない、普通の革の場合、扱いが本当にムズカシイです。

 

f:id:eclara:20170831101922j:plain

というのも自分で革クリームを買ってみて靴に塗ってみたもののクリームの筋が消えなかったことが何度かあるからです。

 

その時に靴磨きのお店に持って行ったところ「このクリームの跡は消えません」と言われてしまいました。トホホ。

 

どうやらクリームと革の相性が悪かったみたいです。

 

それ以来、その靴のクリーム跡は「こういう模様の靴」と思う事にして、しばらく履いてました。

  

本当に靴クリームには泣かされた経験が多くあります。

まあ、私の塗り方が下手っていうのもあるんですけど、やっぱり難しいです。

 

なのでブランド靴の場合、購入後の最初の「磨き」は靴修理専門店などで磨いてもらう、これが一番!というのが今までさんざん失敗してきた私の結論です。

 

 

プロはすごいです。ホント。一度ボロボロになった(と思っていた)ジミーチュウの黒いプレーンパンプスを靴の修理屋さんで磨いてもらったことがあります。

 

その時はボロボロで来年ぐらいは捨てちゃうのかなぁ~と思っていたジミーチュウがうっとりするぐらいの輝きを放っていて「あと5年は履ける!」と確信したのでした。

 

1000~2000円払ってブランド靴があと5年も履けたらほんとにお得ですし、キレイで長持ちしますので、おススメですよ。

  

f:id:eclara:20170903232951p:plain

 

【お手入れのコツ2】おしゃれブランド靴がタダの「臭い靴」に変わるその瞬間とは?

いくら高価でうっとりするようなブランド靴を履いていても、その靴が臭かったら・・・それはブランド靴ではなく、ただの「臭い靴」だと私は思っています。

 

購入したブランド靴をキレイでブランド臭(良質な革の臭いと私は呼んでます)漂う状態をキープするために、どんなお手入れをしたらいいのでしょうか?

 

まずは「靴の湿気」をきちんと飛ばすこと。先ほど書きましたように、毎日履くと靴の湿気がたまってしまうので、しっかり乾かす事が大切です。

 

私の場合には、「同じ靴を履くのは1週間に1度、多くても2回」と決めています。

 

特に素足で履いた時はウェットティッシュで靴の中をキレイに拭き、後はシューキーパーを入れて保管しておきます。

 f:id:eclara:20170831101729j:plain

 

こうするだけでも靴の嫌な臭いはかなり抑えられます。

 

さらに強力に湿気対策をしたい場合は「靴用の除湿剤」がおススメです。

 

今では繰り返し使える除湿剤もありますので「この靴は湿気が飛びにくいな」と思った場合には、履いたその日は除湿剤を入れて保管しておくと臭い対策にもなります。

 

靴を履いた時に「足裏がひんやりする」という事はありませんか?足裏がひんやりしたらそれはまだ靴の中に湿気がたまっている状態です。

 

 

湿気がたまることで靴の中の雑菌が繁殖し、臭いの原因になります。ブランド靴をキレイな状態で保つためにも、きちんと乾かすことが大切です。

  靴や足をキレイに見せる本格フットネイルの秘密とは?

おしゃれブランド靴をキレイに保つための足のお手入れ

 先ほど臭う靴はブランド靴じゃなくてただの「臭い靴」だ!と書きましたが、実は最近私の靴のなかにも【ただの臭い靴】になってしまった靴がいくつもあります(涙)。

 

きちんと乾かしてるんですけどね~汗。おかしいなぁ。

 

実は今年の夏はそのことで結構色々原因を探っていたんですけど、先日寝る前にストレッチしていて原因を偶然発見してしまったんです・・・・それが「私の足、クサイ・・」という衝撃の事実。

 

そうなんです。自分の足が臭っていたので、当然履く靴も臭ってしまう・・・という事なんですね(涙)

  

何とか対策を練らなければ・・・と思い心当たりのある原因を考えているうちに思い出したのが「爪の裏のゴミ」なんです。

 

f:id:eclara:20170803153837j:plain

実は足の臭いの原因の一つが「爪の裏のゴミ」。爪の裏や爪周りには垢やゴミがたまりやすく、放置しておくと臭いの原因になることがあるんです。

 

特にフットネイルをしていて付け替えを忘れていると足爪が伸びすぎてしまい、爪の裏にゴミがたまってしまう事がよくあるんです。

 

特に足のジェルネイルはすごく持つので、ついつい付け替え周期を過ぎてもそのままにしてしまい、足爪が伸びすぎていたんですね。反省。

 

早速お手入れをして爪裏や爪回りの角質をキレイにしようと決意したのでした。

もちろんお手入れしたその後、靴の臭いは気にならなくなりましたよ!

 f:id:eclara:20170903232951p:plain

ネイルサロンで足のお手入れをすると足の臭い対策になるワケとは?

先ほど靴と足の臭いについて書きましたが、一番大切なこと、それは【足の臭いは靴に移る】ということです。私の経験から言うと、足の臭いは靴にかなりの確率でうつります。

 

 f:id:eclara:20170803152404j:plain

逆に言うと、きちんと靴を乾かして、足のキレイに保っておくことで靴の中をキレイな状態に保つことが出来るんです。 

 

先ほども書きましたが、特に気をつけたいのが【足爪周りのゴミや角質】です。

 

特に爪が伸びたままになっていると、爪裏や爪周りにゴミがたまってしまい、臭いの原因になることがよくあります。

 

 

さらに足の定期的なケアが必要な理由、それは「カサカサで、角質が飛び散っているような足の状態で靴を履いても、せっかくのブランド靴が台無しだから」これにつきます。

 

せっかく買った靴だから、キレイな状態の足で履く、こうすることで靴も引き立ちますし、さらにあなた自身の足元もグレードアップします。

 f:id:eclara:20170829175553j:plain

さらにフットネイルをすることで足元はぐっと引き立ちます。例えば黒いエナメルのルブタンに赤いネイル、とか。

 

ジミーチュウのベージュのサンダルにフレンチネイル、とか。

 

f:id:eclara:20170118144405j:plain

キレイにお手入れしたネイルは靴の一部となり、さらにあなたの足元を魅力的に見せてくれます。

 

 

もし本格的に足をキレイにしたのであれば、ネイルサロンのフットケアがおススメです。

 

 

ネイルサロンのお手入れは土台からキレイにしていきます。だから仕上がりが一目で違うとわかるんです。

 

ネイルサロンで仕上げたフットネイルはブランド靴と同じぐらい、インパクトがあります。遠くからでもお手入れした足は、わかります。

 

 

ではいざネイルサロンでネイルをしようとするとき、どんなネイルサロンでお手入れしたらいいのでしょうか?

 

それは【フットバス】を使ってお手入れするネイルサロンを選ぶ、というのが大切です。

 f:id:eclara:20170831222231j:plain

中にはお湯をはったフットバスを使わずに爪に色を塗るだけのネイルサロンも多いです。

 

しかしそれでは足のお手入れはできず、自分でネイルをするよりも多少キレイにネイルが仕上がった、という程度に過ぎないです。

 

足の甲のくすみをキレイにとったり、爪周りの白い垢をキレイにしたり、足の裏のガサガサをツルツルにするには、お湯に足を付け角質を柔らかくする必要があるからです。

 

私のネイルサロンでも本格お手入れをするため、フットバスを使っています。特にほかのサロンと違って、フットバスの中にも足をキレイにする足用洗浄剤を入れてます

f:id:eclara:20161019170309j:plain

こうすることで少しでも足がキレイになるからです。

 

 

足は角質がたまりやすい場所ですので、こうやってお手入れしていくことでひと皮むけたようなツルツルのお肌に。

 

もちろん足の匂い対策にもおススメです。

 

爪周りの角質やゴミをキレイにとったら、赤や青など、あなたに似合うネイルに仕上げます。

 

もし気に入った靴を買ったら是非ネイルサロンでフットネイルを受けたいただきたいです。

そしてキレイにお手入れされた足で靴を楽しんでいただきたいです。

 

 

いつも歩く道でもお手入れされた足にお気に入りの靴を履くだけで、気分は「セレブ」。

 

なりきりセレブになって、近所を闊歩するのもいいかもしれません。

 

親しい友達や家族とドレスアップしてお食事するのも楽しいですよ。

 

 

是非ネイルサロンでお手入れして、「靴とネイル」を楽しんでみてはどうでしょうか?

 

f:id:eclara:20170903232951p:plain

 

 「足爪が綺麗になった!」「足がキレイなって自信が持てる」と驚く女性が続出。その理由とは?ヒントは【角質+ケア】です。詳しくはこちらを押してください。