ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪だけ白浮きはイヤ!白浮きしないベージュ系マニキュアの上手な選び方のコツ

ネイルサロン・銀座エクラーラの山崎です。こんにちは。現在ネイルサロンを経営する傍ら、ネイリストとして活動しています。

今回は【白浮きしないベージュ系マニキュアの上手な選び方のコツ】についてお教えします。

f:id:eclara:20171102103243j:plain

ベージュのマニキュアなら、ほどよく透け感のある色を選ぶ

これは【この色カワイイ~】でも実際に塗ってみると【白浮きしちゃう】という事ありませんか?こういう理由で諦めてきたマニキュアって多いんじゃないでしょうか?

例えばベージュ。大人っぽい雰囲気の指先にしたいな・・・なんて時にベージュ系のマニキュアって本当に重宝します。

でもベージュのマニキュア色選びって本当にムズカシイです。自分の好きな色とか選んじゃうと、ほとんどの場合、白浮きします。

なぜ白浮きしやすいのか?その一つが顔料にあります。白っぽいベージュの場合ですと「白」そのものが入っている場合もあるからです。

そのようなマニキュアを選んでしまうと【爪だけ白っぽく不自然な感じになっちゃうことも・・・涙】

とはいっても【ベージュを塗ってみたい】とか「カワイイ色にチャレンジしたい!」という時ってあるじゃないですか?そういう時にはどうしたらいいのか?

結論から言うと、

  • 【同じ色でも透け感のある色】のマニキュアを選ぶと白浮きしにくい。

 というのがわたしの結論です。この方法は私のネイルサロンで実際にやっている方法なのでおすすめです。 

透け感マニキュアだと地爪の色効果で「白浮きしにくい」

白浮きさせないマニキュア選びで大切なのは

「透け感のある色を選ぶ」

これが一番です。

先ほどのベージュでもそうです。塗ったときに爪が透けないぐらい濃いベージュのマニキュアもありますがこれだとベージュの色の主張が強すぎるので、明るい色ほど白っぽくなりやすいです。

こんな時には、ほどよく透け感のあるベージュがおすすめ。透け感のあるベージュマニキュアだとあなたの地爪自体の色が透けて見えるので、塗った後の爪自体が白っぽくなりにくいんです。

つまり透け感のあるマニキュアって「アナタの地爪の色を生かす」色っていうことなんですね。

具体的なマニキュア色のえらびかた

では実際にどんな色を選んだらいいんでしょうか?

実際に塗ってみるのが一番いいです。塗ってみて、「爪が透ける」ぐらい薄い色ならOK。色を濃くしたい場合には薄く重ね塗りします。

塗って「爪が透ける」ような色のことを、ネイルサロンでは「クリームタイプ」と言います。逆にベージュ系で爪の色が全く透けないぐらい主張のがある色って大抵「白」が入っています。こういう色をネイルサロンでは「パステル系」と呼んでます。

パステル系はカワイイ色が多いんですけど、白浮きしやすいので選ぶ際には注意が必要です。

もしマニキュアボトルを見て判断しなきゃいけないようであれば、ちょっと難しいですけど、クリームタイプの透け感マニキュアは輪郭が「ぼわっとしています」。

逆に白浮きするマニキュアって輪郭がくっきり見えますので、そういう視点で選んでみると失敗が少ないです。 

まとめ

以上、白浮きしやすいベージュ系マニキュアの上手な選び方についてご紹介しました。

まとめると、

ベージュ系マニキュア色選びのコツは「ほどよい透け感のある色味を選ぶ」ということです。

透け感があるために、塗ったときに地爪の色効果で白浮きを防いでくれるからです。

白浮きしないマニキュアを選ぶ際には実際に塗ってみるのが一番です。塗ってみて、爪の色が透けるようでしたらOK。

ボトルに入っているマニキュアを見て判断する場合には、ボトルの中にの色の輪郭が「ぼわっと」しているものがおススメです。

以上参考にしてもらえると嬉しいです。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました!