ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイル・エステ・おしゃれで毎日が10倍楽しくなるブログ

ネイルサロン銀座エクラーラの公式ブログです。ネイルサロンを10倍楽しむ方法、エステや美容や靴のことなど書いてます。

ネイルオイルの基本の選び方!ネイルオイルでアナタも指先美人

ネイルサロン・銀座エクラーラの山崎です。こんにちは。現在ネイルサロンを経営する傍ら、ネイリストとして活動しています。

f:id:eclara:20171213091349j:plain

 前回は【ネイルオイルの基本の使い方】についてご紹介しました。今回はネイルオイルの【選び方】についてご紹介しますのでもしよければ参考にしてくださいね。

 

ネイルオイルの種類と使う際のポイント

実はネイルオイルって言ってもたくさん種類があるんです。大きく分けるとこんな感じです。それぞれの特長を見ていきましょう。

  • スポイトタイプ

液体。スポイトでポタッとオイルを垂らすタイプ。ネイルサロンで使われるタイプはコチラ。液体なので使いやすく、好きなところにポタッとできるので便利。ハンドクリームに一滴垂らして肘や膝の保湿にも。きちんと蓋を閉めていないと液漏れすることもあるので、持ち歩きには不向き

  • リキッドハケタイプ

液体。マニキュアのようなボトルに入っています。ハケにネイルオイルをつけて、指先を保湿するタイプです。比較的安価で売られいるので買いやすいのが特徴。ボトルの中に花などが入っているものもあって、見た目がカワイイ!インテリアとしても使えます。きちんと蓋を閉めていないと液漏れすることもあるので、持ち歩きには不向き。

  • ペンシルタイプ

ペン先にハケがついていて、そこからネイルオイルが出るタイプ。ネイルオイルは液体の事もあるがジェルやクリームタイプの場合も。ペンシルタイプなので場所をとらずまた、液漏れする心配もないので持ち運びに便利。ペンシルなので指先の細かい部分の保湿もできる。

  • クリームタイプ

クリームタイプ。蓋を開けて爪先にクリームを付け、指先を保湿するタイプ。爪はもちろん、指先も一緒に保湿できるので手の乾燥が気になる場合にもおすすめ。液漏れする心配もないので持ち運びに便利。

  • ロールオンタイプ

液体タイプ。ロールオンになっていているので好きな場所に保湿ができる。ただし爪回りの細かい場所の保湿には不向き。少々ずつオイルが出るので手がべたべたになりにくいというメリットも。

 

ネイルオイルを選ぶときのポイントは用途によって使い分ける

  •  しっかり保湿したいならスポイトタイプがおススメ

保湿効果で選ぶなら私は断然【スポイトタイプ】をおすすめします。スポイトタイプは持ち運びには不向きですが、爪のトラブルになりやすい爪の両端部分までしっかり保湿ができるので保湿効果が高いからです。

 

爪の隅々まで保湿できる!ネイルオイルの使い方

1.指先を立てる(手のひらを自分の方に向ける)
2.指先(フリーエッジの裏側でもOK)にオイルを垂らす
3.そのまま10秒ほど待つ
4.オイルが下に流れたら、オイルを指先になじませる。

 爪先からオイルを垂らすことでストレスポイントにしっかりオイルが行きわたり保湿することが出来ますよ。余ったオイルは指や爪に塗ってしっかり指先も保湿します。 

 

 

  • 持ち歩きたいなら固形タイプを選ぶ

外出先で指先の保湿がしたい!という場合におススメなのが【ペンシルタイプ】や【クリームタイプ】です。ペンシルタイプやクリームタイプのメリットは【固形クリームなので液漏れの心配が少ない】という点。

 

鞄の中に入れておいてもいいですし、ペンシルタイプならペン立てにそっと入れておいても大丈夫。書類仕事ぱPCは指先が乾燥しますので空いた時間にササッと保湿することが出来るんです。

ちなみに・・・

ネイルサロンで圧倒的に多いのが【スポイトタイプ】です。しっかり保湿が出来るほかに【衛生面】に気を使っているからなんですね。なぜならハケやペンシルって直接お肌に触れる必要があるので、お肌に触れることがない【スポイトタイプ】の方が衛生的なんです。ご自身だけで使う場合には、もちろんペンシルタイプでも問題ありませんよ。

 

  • 写真映えを狙うならリキッドハケタイプを使う

最後にハケタイプについてご紹介します。ハケタイプのいいところは【ハケ】がついているのでオイルを直接塗りたい場所にピンポイントに塗れる、という点。

 

また液体オイルの表面張力でネイルが【ツヤツヤ】に見える!というのもうれしいメリットです。そんな特性を生かした使い方として私がおススメしたいのが【ネイルの写真を撮る前に】塗る、という方法。

ネイルの写真を撮る直前に指先にオイルをハケで塗ります。こうすることでツルツルツヤツヤのネイルに仕上がりますのでいつも以上にキレイな仕上がりに撮る事が出来ますよ。

ポイント:ネイルの写真を撮る前にネイルオイルをネイルにひと塗り

ネイルオイルにこだわりたいなら【植物オイル】がおススメ!

ネイルオイルにはオイルの種類で分けることが出来ます。大きく分けると植物オイルとミネラルオイルです。馬油などのように動物性オイルもありますがネイルオイルではあまり使われているのを見たことがないので、今回は植物オイルとミネラルオイルについてご紹介します。

  • 保湿効果を求めるなら【植物オイル】が多いネイルオイルを選ぶ

ネイルオイルの種類にこだわりたいなら、私は断然【植物オイル】をおすすめします。植物オイルはお肌になじみやすいのでミネラルオイルに比べて高い保湿効果を期待できるからです。

ネイルオイルで人気なのがホホバオイルやオリーブオイル、アボガドオイルなどです。値段はミネラルオイルに比べて高価ですが、1個買えば1年ぐらいは余裕で使えますので結果的にはお得です。

ポイント:植物オイルはミネラルオイルのようなべたべたが少なく、肌なじみしやすいから保湿効果が高い!

  • 指先にツヤを出したいなら【ミネラルオイル】を使う

一方でミネラルオイルがおススメなのが【爪にツヤを出したい】とき。ミネラルオイルはお肌にとどまる時間が長いので、べたべたしやすい反面、ツヤを出したいときにおススメでです。こんな時に使えます。

  • ネイルの写真を撮る前にネイルにひと塗り・・・ひと塗りでネイルがツヤツヤに
  • 指先にツヤを出したいときにひと塗り・・・ツヤのある指先に
  • 指先マッサージをしたいとき・・・マッサージオイルとして
  • 指先に塗ったクリームの後に蓋として・・・塗ったクリームを逃がさない
  • インテリアとして・・・カワイイボトルはインテリアとして

ポイント:ミネラルオイルはお肌になじみにくい特性を利用して、色々な用途で使う事が出来る便利なオイルなんです。

まとめ

  • ネイルオイルの種類と使う際のポイント

ネイルオイルにはスポイトタイプ・ハケタイプ・ペンシルタイプ・クリームタイプ・ロールオンタイプなどがあります。それぞれの特性があるのであなたの目的に合ったタイプを選ぶといいですよ。

  • ネイルオイルを選ぶときのポイントは用途によって使い分ける

しっかり保湿したいならスポイトタイプがおススメ。持ち運びしたい場合には液漏れの心配がないペンシルタイプやクリームタイプがおススメです。

  • ネイルオイルにこだわりたいなら【植物オイル】がおススメ!

さらにネイルオイルにはオイルの種類で分けることが出来ます。大きく分けると植物オイルとミネラルオイルです。保湿効果で選ぶなら植物オイルがおすすめです。またミネラルオイルはオイルの特性を生かして保湿以外にも色々な用途があるので1本持っていると便利ですよ。

 スペシャル