ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイル・エステ・おしゃれで毎日が10倍楽しくなるブログ

ネイルサロン銀座エクラーラの公式ブログです。ネイルサロンを10倍楽しむ方法、エステや美容や靴のことなど書いてます。

ムラなくキレイに★ピンクベージュのマニキュアを上手に仕上げるたった一つのコツ

ムラになりやすいピンクベージュのマニキュアをキレイに仕上げて指先をキレイに!

f:id:eclara:20171004104828j:plain

ネイルサロン・銀座エクラーラの山崎です。こんにちは。今回はセルフでマニキュアをキレイに塗るコツをご紹介していきます。

ピンクベージュのマニキュアを上手に仕上げるたった一つのコツとは?

ムラになりやすい、ピンクベージュのマニキュアを上手に仕上げるたった一つのコツ、それは

【ハケを広げ&筆圧を軽く塗る】

ということ。具体的には、

  • マニキュアのハケをボトルの口でしっかり広げる
  • ハケが爪に触るか触らないかぐらいの圧力で塗る(筆圧軽く)

ネイルスクールやネイルサロンの練習でも、まずここからスタートです。ネイル業界用語(?)では【ハケを広げてハケ圧軽く!】と言います(大体これを言われるときは、茶髪の先生から怒られてる時です(笑))。

【こんな地味な方法でうまく塗れたら苦労しないよ~】と思ったあなた。ではなぜこの方法でピンクベージュのマニキュアがムラなく塗れるのかを以下で説明します。

【ハケを広げてハケ圧軽く】がなぜ大切なの?

【ハケを広げて、ハケ圧軽く】がなぜ大切なのでしょうか?それは、ムラが少なくキレイに塗れる方法だからです。

まず、ハケをボトルの口でしっかり広げることで、一度にたくさんの面積を塗ることが可能に。結果、ハケを使う回数が少なくなるので、必然的に筋が付きにくくなります。

さらに、塗るときに筆圧を軽くすると、ハケの跡がつきにくくなります。

これは蛍光ペンで例えるとわかりやすいです。蛍光ペンって、一度に5ミリぐらいの太線を引けますよね。筆圧をぎゅっと重くすると、ペンの輪郭がくっきり出ます。逆に筆圧を軽くすると、均一な色が出ます。

マニキュアもこれと同じで、筆圧(ハケ圧)を軽くすることで、ハケの筋ができにくくなり、仕上がりが滑らかでキレイになるんです。

まとめると、ムラになりやすいピンクベージュのマニキュアをキレイに仕上げるには、

1.ハケをボトルの口でしっかり広げる

2.筆圧(ハケ圧)を軽く、爪に触れるか触れないかぐらいの圧で塗る。

ピンクベージュはムラになりやすく、キレイに仕上げるのは難しいです。しかし、オフィス受けもいいので人気の色。

是非ピンクベージュのマニキュアをマスターして、キレイな指先をキープしてもらえると嬉しいです。

コチラもどうぞ⇒職場ネイルってどんな色がいいの?褒められるネイルをするコツとは? 

 

 スペシャル