ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイル・エステ・おしゃれで毎日が10倍楽しくなるブログ

ネイルサロン銀座エクラーラの公式ブログです。ネイルサロンを10倍楽しむ方法、エステや美容や靴のことなど書いてます。

ネイルが早く乾く!ネイルサロンでネイルドライヤーがオワコンになっているワケとは?

便利なネイルドライヤー。ネイルサロンで使わないワケとは?

f:id:eclara:20171102103212j:plain

ネイルサロン・銀座エクラーラの山崎です。こんにちは。今回はネイルサロンとネイルドライヤーについて書いていきます。

ネイルサロン【ネイルドライヤーがオワコンになっているワケ

f:id:eclara:20180128112628p:plain
ネイルサロンでネイルドライヤーってあんまり見なくなりましたね。

数年前は見たことありますけど今では全く見かけなくなりました。

【ネイルサロンでのネイルドライヤーってオワコンじゃないかな~】とワタシは思ってます。

ネイルドライヤー使っているネイルサロンって日本ではまず見ないです(あるのかもしれませんが)。

ここではネイルドライヤーが「オワコン」になった理由を考えてみます。

大きな理由としては

  • ジェルの普及によりネイルドライヤーが必要なくなってきた
  • マニキュア自体が早く乾くようになってきた
  • ドライヤー自体が高価。重くて使いづらい。

1個目の「ジェルネイルの普及」は言わずもがなという感じで付け足す必要はないでしょう。

ワタシが注目したいのが2つ目。【マニキュア自体が早く乾くようになってきた】これも結構大きいんじゃないかと思ってます。

実はワタシのサロンでも

【速乾スプレー】【速乾トップコート】【マニキュアを薄塗にする】

この3種の神器でバッチリ。30分もすればかなり固まります。スマホも優しく触ればOK。ヨレません。

わざわざ大型のドライヤーで乾かす必要がなくなってきたんです。

マニキュアが入ってきた当初は乾くの遅く「半日は手が使えなかった」と言います。

確かにその時代は「ネイルドライヤー」って必須。

速乾性の上がってきたマニキュア。それとともにネイルドライヤーって過去の遺物いわゆる「オワコン」になりつつあるのかもしれません。

余談:マニキュアの速乾性は年々上がってます。

実際ネイルサロンが日本に入ってきたころ1970年代(もっと前?)はマニキュアってなかなか乾かなかったみたい。

ネイルサロンのマニキュアが乾いて手がつかるようになるまで半日かかったのだとか

今だと30分ぐらいなのでその差に驚いちゃいます。

f:id:eclara:20171102103251j:plain

ネイルサロンでマニキュアを塗ってから半日ボーっとしてなきゃいけなかったんですね。大変。

当時は【半日手が使えなくても平気=家にお手伝いさんがいます】ということ。

つまりステイタスの一つだったようです。なるほど~。今とはずいぶん違いますね。

 こちらもどうぞ⇒ネイルドライヤーのメリットを考えてみた

ワタシがやってるネイルサロン⇒セレブも通うラグジュアリーな個室ネイルサロン