ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイル・エステ・おしゃれで毎日が10倍楽しくなるブログ

ネイルサロン銀座エクラーラの公式ブログです。ネイルサロンを10倍楽しむ方法、エステや美容や靴のことなど書いてます。

爪を痛めにくい除光液の簡単な使い方

除光液を使うと爪が乾燥しちゃう。どうしたらいい?

f:id:eclara:20171102103209j:plain

ネイルサロン・銀座エクラーラの山崎です。こんにちは。今回は爪を痛めにくい除光液の使い方をご紹介します。

爪を痛めにくい除光液の簡単な使い方

爪を痛めにくい除光液の簡単な使い方ってあるんでしょうか? 一番簡単な方法と言えば 【ネイルを落す際爪をこすらない】 こと。

 

除光液でネイルを落す時ってついこすっちゃいませんか? 除光液を付けてはこする。さらにつけてこする・・・

こうやって無限ループへ。

爪にとっても実はこの方法って良くないです。

ゴシゴシこすっちゃうと爪が乾燥し割れやすくなるからです。

【え~でもこうしないとネイルって落ちないしどうしたらいい?】というアナタ。

ワタシがいつもやってる簡単な方法をご紹介します。

それが

1.コットンに除光液を付ける(ワタシは500円玉ぐらいにしてます)

2.爪に1のコットンを置き10秒ほど指で押さえる

3.コットンを爪際に向かって引くとネイルが落ちてるハズです。

4.1~3を繰り返す

この方法だとネイルが落ちるのが格段に速い。

ワタシの場合大きなコットンだったら1枚で5本いけます。

実はネイルのオフって少量の除光液で短時間で済ませるのがコツ。

ネイルサロンだったら5~10分ぐらいで落としちゃいます。

少量の除光液で済むので爪も乾燥しづらいです。

ネイルはコットンを使ってこすらず落とす。

こすらずネイルを落すことで爪を痛めずネイルを楽しむことが出来ます。

こちらもどうぞ⇒セレブの人がこっそり通っている隠れ家ネイルサロンとは?