ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店 公式ブログ

ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店の公式ブログ。ネイルサロンが初めてでもわかる記事。マニキュア・ジェル・ケア・フットの情報を初めてでもわかりやすく解説。

マニキュアをすると爪が黄色くなります。黄色を変えるにはどうしたらいいでしょうか?

お悩み内容
マニキュアをすると爪が黄色くなります。黄色を変えるにはどうしたらいいでしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
マニキュアをした後爪が黄色くなるのは、マニキュアの色が爪についてしまう【色素沈着】が原因です。色素沈着を防ぐ方法として【ベースコート塗る】【除光液で落とす際に、爪をこすらない】という方法がおススメです。また【黄色の顔料が多い【ベージュ系】の色は色素沈着しやすいです。このような場合には黄色系の顔料が少ない色を選ぶという方法もあります。

 

マニキュアをすると爪が黄色くなります。黄色を変えるにはどうしたらいいでしょうか?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

 

マニキュアをすると爪が黄色くなった、というお悩みですね。

 

マニキュアをした後爪が黄色くなるのは、ネイルの色が爪についてしまう【色素沈着】が原因です。

マニキュアで爪が黄色くなるのは色素沈着が原因

色素沈着の原因の多くは【ベースコートを塗らない】、【除光液で落とす際に、爪をこすってしまった】といのがあげられます。

 

ですのでネイルサロンでは、マニキュアをする際に必ずベースコートを塗り、除光液で落とす際にもこすらないように落とします。

 

またこのほかにも原因があります。それが【黄色の顔料が多い】ためです。

 

顔料のなかでも黄色の顔料が爪に移りやすく、そのため爪が黄色になるといわれています。

?黄色の顔料が多いマニキュアって意外と多い・・・

黄色の顔料が多い色というと、よく使われているものとしては【ベージュ系】の色があります。ベージュ系の色は色味自体は薄いのですが黄色が多く使われているため、爪が黄色になりやすい色でもあります。

 

爪の色素沈着を防ぐ方法として、ご自宅ではベースコートを塗る、という方法が一番簡単です。もし爪が黄色くなるのを防ぎたい場合でしたらベースコートを2層塗る、という方法もあります。

 

また黄色の顔料を含まないor黄色の少ない色のネイルをする、というやり方も。

 

黄色が少ない色には以下のものがあります。

・白(使いようによっては使いやすい)
・黒(黒のネイル、個人的には好きですが・・・)
・ラメ(ベースが透明)⇒意外と使いやすい。でも落ちにくい・・・
・透明(これが一番使いやすい)

 

逆に黄色の顔料が入っている色には以下の色があります。

・黄色系(あたりまえですが・・・)
・ベージュ系(意外と黄色が入ってます)
・緑系(青+黄色⇒緑なので・・・)
・赤(多少入ってます)

などなど。

 

本来はマニキュアはネイルサロンで塗ったほうが一番いいです。仕上がりも断然キレイですし、色素沈着などの予防もしているからです。

 

私でしたらネイルはキレイに仕上げたいですし、色もたくさん選べるネイルサロンでネイルをします。

 

また一緒にネイルケアといって爪周りを一緒にお手入れすると格段にネイルがキレイにないります。月に1回ネイルサロンでお手入れすることで割れにくいキレイな爪をキープできます。

 

私のお店ではネイルの仕上がりを大きく決める【爪のお手入れ】にこだわっているネイルサロンです。

 

爪はもちろん手の甲や指の節をキレイにお手入れするメニューをご用意しております。

 

「爪が明らかに綺麗になった!」「爪が大きくなって指先に自信が持てる!」と驚く女性が続出。その理由とは?ヒントは【角質】です。詳しくはこちらを押してください。

こちらもお勧め⇒【無料】プロネイリストが教える「自宅で今すぐできる上品な指先の作り方・お手入れ方法」