ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店 公式ブログ

ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店の公式ブログ。ネイルサロンが初めてでもわかる記事。マニキュア・ジェル・ケア・フットの情報を初めてでもわかりやすく解説。

常に爪を伸ばしネイルをしているのですが、いつもある程度の長さまで伸びると必ず指と爪の境目ぐらいから折れてしまいます。折れないでいつも同じ長さをキープするコツがありましたら教えてください。

お悩み内容
常に爪を伸ばしネイルをしているのですが、いつもある程度の長さまで伸びると必ず指と爪の境目ぐらいから折れてしまいます。折れないでいつも同じ長さをキープするコツがありましたら教えてください。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪を伸ばしていると割れてしまう原因の一つが爪やすりです。誤った使い方で爪の表面をけずっている場合があるからです。また爪が折れないように形を工夫するのもコツです。

爪の両端は皮膚を押し下げて削る

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

爪を伸ばすといつも同じ場所から折れてしまう、というお悩みですね。


指と爪の栄目から折れてしまう場合があります。ストレスポイントといって、爪の両端のにある指と爪の栄目の部分から折れてしまう場合が多いです。


ストレスポイントにヒビが入って折れてしまう場合、爪の乾燥が原因です。また爪やすりを使って爪をととのえている場合、よくあるのが爪の両端を削る際に爪の表面を知らないうちに削っているケースです。


爪の表面を削ると爪自体は薄くなるので、折れやすくなります。


毎回折れてしまう、とのことですので爪やすりが考えられます。爪の両端は巻いていることが多いので、爪の両側の皮膚をしっかり引き下げ、爪の端に爪やすりを当てているか確認しながら削るとうまくいきます。

なお爪の形や削り方を工夫することで爪を折れにくくするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。