ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店 公式ブログ

ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店の公式ブログ。ネイルサロンが初めてでもわかる記事。マニキュア・ジェル・ケア・フットの情報を初めてでもわかりやすく解説。

爪の周りが、オイルなどを塗ってもカサカサで、角質が硬化してしまっています。

f:id:eclara:20170803153737j:plain

 

お悩み内容
爪の周りが、オイルなどを塗ってもカサカサで、角質が硬化してしまっています。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
角質がカチカチになっている場合、オイルを塗ってもしみ込みません。角質をキレイにするか、角質を柔らかくするクリームで一度角質ケアをする必要があります。

爪の周りがオイルなどを塗ってもカサカサで、角質が硬化してしまっています。

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

角質が硬くなってしまい、オイルを塗ってもしみ込まない、というお悩みですね。

角質が硬くなってしまうと、クリームやオイルを塗ってもなかなかしみ込みません。

つい口コミで評判のネイルオイルを買っちゃうところですけど。

この場合、まずはカチカチの角質をキレイにする、というお手入れから始めてみるといいですよ。

角質がたまっている状態は、いわば【厚着をしている状態】。

これに乾燥が加わると角質が固くなってカチカチに、これが相談者さんの今の状態なんです。

この状態から脱するためにはまず「厚着状態の角質」を「薄着の状態」に戻す。

そして薄着の状態で保湿(オイルなどを塗る)をする、というのがおススメです。

では厚着状態の角質をキレイにするにはどうしたらいいでしょうか?

 

爪の周りの角質をキレイにする方法

ネイルサロンではこのような場合、ネイルケアといって、指先をお湯につけ角質を柔らかくしてからキレイにする施術を行います。

指先の角質を柔らかくし、ニッパーで硬い角質を少しずつ取っていきます。さらに爪の上についた角質も一緒にキレイにします。

こうやって指先の角質を薄着にしたところで最後にネイルオイルを塗って保湿をしていきます。

このタイミングでオイルを塗るのがお肌に一番しみこむので良いとされています。

ご自宅では角質を柔らかくするクリームが市販されていますので、そちらで一度角質を柔らかくする、という方法があります。

しかし、一度角質が柔らかくなってもオイルなどで保湿を行わないと再度角質が硬くなってしまいます。

一日1回はネイルオイルなどで保湿をすることをお勧めします。

角質は単に柔らかくなっても「薄着」になっていなければ、いずれ乾燥し硬くなってしまいます。

?こうなってしまってはいくらネイルオイルを塗ってもカサカサは改善しません。

出来たら一度ネイルサロンで「ネイルケア」を受けていただき、「角質の薄着」状態にお手入れするのがおススメです。

私がやっているネイルサロンでは、カチカチになってしまった角質や甘皮周りの角質をやわらかくキレイにするお手入れにこだわっています。

指先の硬い角質をキレイにするお手入れメニューをご用意しています。

私がやっているネイルサロンでは足のお手入れ、特にネイルオイルや角質のお手入れにこだわっています。

「爪が綺麗になった!」「指先がキレイなって自信が持てる」と驚く女性が続出。その理由とは?ヒントは【角質+ケア】です。詳しくはこちらを押してください。

こちらもお勧め⇒【無料】プロネイリストが教える「自宅で今すぐできる上品な指先の作り方・お手入れ方法」