ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店 公式ブログ

ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店の公式ブログ。ネイルサロンが初めてでもわかる記事。マニキュア・ジェル・ケア・フットの情報を初めてでもわかりやすく解説。

指先の爪の周りの皮膚が硬くなっています。ちょっと爪で挟んで引っ張ってみると硬い皮がとれちゃったりして、気になるので常に指で触ったりしてるんですが見た目が悪くなってしまいます。

お悩み内容
指先の爪の周りの皮膚が硬くなっています。ちょっと爪で挟んで引っ張ってみると硬い皮がとれちゃったりして、気になるので常に指で触ったりしてるんですが見た目が悪くなってしまいます。どうやって処理すればいいのですか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
このような場合にはネイルサロンでネイルケアやハンドケアを受けていただくのがベストです。応急処置的には爪やすりで優しく皮膚の部分を撫でる、という方法もあります。

硬くなった皮膚はネイルサロンでお手入れするのがおススメ項目

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

指先の爪の周りの皮膚が硬くなっている、というご相談ですね。


角質が硬くなってしまうとクリームなどがしみこまず、お手入れしてもなかなか改善しないことがあります。


このような場合にはネイルサロンで一度お手入れしてもらう、という方法がベスト。



ネイルケアを受けることで爪や爪周りの皮膚のお手入れをしますので硬くなってしまった角質も一緒にケアできます。


応急処置的にはバッファー(220グリッド以上がおススメ)や爪やすりで硬い角質の部分を優しく撫でる、という方法があります。



硬くてストッキングに引っかかってしまう場合などにおススメです。この方法は即効性がありますが、一晩たつとまた元に戻ってしまうことも。


できたらネイルケアをネイルサロンで受けていただくのがベストです。

なお指先の角質を柔らかくしてキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

こちらもお勧め⇒【無料】プロネイリストが教える「自宅で今すぐできる上品な指先の作り方・お手入れ方法」