ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店 公式ブログ

ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店の公式ブログ。ネイルサロンが初めてでもわかる記事。マニキュア・ジェル・ケア・フットの情報を初めてでもわかりやすく解説。

【ネイルとお金】ネイルサロン通うとどれぐらいのお金がかかる?

ぶっちゃけネイルサロンってどれぐらいお金がかかるの?

f:id:eclara:20171102103226j:plain
ネイルサロン銀座エクラーラの山崎です。こんにちは。今回はネイルサロン通うとどれぐらいのお金がかかる?についてお答えします。

ネイルサロン通うとどれぐらいのお金がかかる?

ネイルサロン通うとどれぐらいのお金がかかるんでしょうか?

メニューによって違いますがまずはかからないお金から。

たいていのネイルサロンは以下のお金は基本的にかかりません(一部例外はありますが)

  • 入会金
  • 初診料のお金
  • カウンセリング代金

入会金ゼロ。これはネイルサロンでは普通です。

なのでメニューに書いてある料金そのままを支払うイメージ。

逆に必ずお金がかかるものってなんでしょうか?

それが【ネイル代】に加えて【お手入れ代金】+【ネイルアート代金】

つまりネイル代金ってこんな感じで構成されてるんです。

ネイル代金=ネイルケア代金+色塗り代金+ネイルアート代金

ネイルサロンのネイルケアってどれぐらいお金がかかる?

ネイルサロンのネイルケアってどれぐらいお金がかかるんでしょうか?

代金はざっくり言うと3000円〜4000円ぐらいです。

内容は

  • 爪の形整え
  • 甘皮処理
  • 爪上角質処理

?となってます。

内容を見て【やらなくてもいっか〜】と思ったアナタ。

確かに省略する人が多いのも事実。

でも本当はしたほうがいいです。

特に年齢を重ねた指先は透明感がUPしますので。

さらにネイルケアをせずにネイルをすると【サロン風】に仕上がらないことも。

なぜなら爪の角質どっさり残したままネイルをするから。

ちょっと残酷ですが【汚い指先】にネイルをするようなもの。

特に初めてネイルするならお金をかけても【ネイルケア】はやっておいて損はないです。

ネイルサロンのネイルの色塗り代金ってどれぐらいかかる?

ネイルの色塗り代金っていくらぐらいなんでしょうか?

まずはマニキュアの色塗り代金について。

マニキュアの場合2000円〜3000円ぐらいが相場。

もちろんこれ以上に高いサロンもあります。

ジェルネイルの場合マニキュアよりもう少し高いです。

まず色塗り代は6000円以上が普通です

【え〜なんでそんなに高いの?】というアナタ。

この【色塗り代金】には【プレパレーション】という下準備が含まれてるんです。

その分高くなると考えるとわかりやすいです。

プレパレーションをするのでネイルケアしないサロン結構多いです。

でも本当はしたほうがいいです。特に年齢を重ねた指先は透明感がUPしますので。

ネイルサロンのネイルアート代っていくらぐらい?

最後にネイルアート代について。

シンプルなアートは安いです。

ストーン1個だったら100円とか。

これだったら数百円で楽しめますよね。

凝ったネイルアートになってくると1本300円〜1000円かかることも。

10指すべてにすると3000〜1万円に。

【え〜値段ってどうやって知るの?】というアナタ。

ネイルサロンにはネイルサンプルが山のように用意されてます。

↓その下に小さい文字で値段が書いてありますのでそこをチェックです!

https://www.instagram.com/p/Bfm_6hAAi6N/

ちなみにマニキュアでネイルアートってあんまりないです。

フレンチネイルとかする場合ですと1本数数百円で受けられます。

大体の値段はこんな感じ。

  • マニキュアネイル代(5000〜6000円ぐらい)
    ネイルケア(3000円)+色塗り代(2000円)+ネイルアート(0円)

  • ジェルネイル代(10000円ぐらい)
    =ネイルケア(3000円)+色塗り代(6000円)+ネイルアート(2000)

(あくまで目安でお店や地域によって価格帯はまちまちです。)

ネイルサロンで限界までケチるなら?

ネイルサロンで限界までケチるならどこを削るでしょうか?

ワタシだったら【ネイルアート】を削ります。

また【ネイルケア】を削るという方法も。こっちの方が多いです。

まとめ

  • ネイルサロンでないものは【入会金】などの初期費用はかからない場合がほとんど

  • ネイル代は【お手入れ代金】+【色塗り代金】+【ネイルアート代金】からできている

  • ネイルケアメニューを削ることが出来る。しかしサロン風に仕上げたいならネイルケアメニューは必須。

余談:現在ネイルサロン業界では価格破壊が進んでいます。

毎年少しずつ値段が下がってるんです。

一方でワタシのサロンのようにあからさまに【高いわね】と言われちゃうサロンも実は増えてきてます。

ネイルサロン業界でも2極化が進んでるんです。

こちらもどうぞ⇒サロンの選び方がわかりません。何を基準にネイルサロンを選んだらよいでしょうか??

ワタシがやってるネイルサロン⇒ネイルサロン 銀座エクラーラ セレブも通うラグジュアリーな個室ネイルサロン