ネイルサロン エクラーラ公式ブログ ネイル・エステ・おしゃれで毎日が10倍楽しくなるブログ

ネイルサロン エクラーラの公式ブログです。ネイルサロンを10倍楽しむ方法、エステや美容や靴のことなど書いてます。

自爪を出来るだけ傷めないジェルネイルオフの正しいやり方

f:id:eclara:20171102103226j:plain
ネイルサロン・銀座エクラーラの山崎です。こんにちは。今回は自爪を傷めないジェルネイルオフの正しいやり方についてご紹介します。

自爪を出来るだけ傷めないジェルネイルオフの正しいやり方

自爪を出来るだけ傷めないジェルネイルオフの正しいやり方ってあるんでしょうか?

それが【無理やりはがさない】という事。

ジェルを無理やりはがしちゃう。

これが爪を傷める一番の原因だからです。

特にジェルオフしても爪にジェルが残っちゃうときってありますよね。

プッシャーとかでガシガシやってもガンとして動かないヤツ(笑)。

これを無理やり【エイ!】とはがすのが爪の表面が【持ってかれちゃう】原因。

こういう場合は無理にはがすんじゃなくてもう一度サンディングしてからアルミを撒く。

こうすることで出来るだけ爪を傷めずジェルネイルオフできます。

これがコツです。

【そんなの当たり前じゃん~】と思ったアナタ。

これは私自身がネイルスクールに通ってた時よくやってた事。

【あれ~まだ剥がれてないジェルあるなぁ。よしプッシャーで・・・】と気合ではがしてました。

当然爪はめちゃくちゃ傷みましたよ・・・。

最初の頃って良くわかなんないから結構無茶するんですよね~

特にジェルネイルをオフするのって自分でやるのすごくめんどくさい。

今はネイルはサロンでやってジェルネイルオフは自分でやる人多いみたいですけど。

上手くいかない場合はネイルサロンでやるのもおススメです。

特に利き手はジェルがなかなか取れず無理やりジェルネイルオフしちゃいがち。

だから爪が傷みやすいです。

ジェルネイルオフしても取れないジェルはもう一度ジェルネイルオフの工程を繰り返す。

ジェルネイルオフが上手くいかないときはネイルサロンで取ってもらう。

正しいジェルネイルオフで出来るだけ爪を傷めずネイルを楽しむことが出来ます。

こちらもどうぞ⇒「素敵なネイルしてますね」と言われちゃう人気のネイルサロン