初めてのネイルサロン | ネイルサロン エクラーラ公式ブログ

ネイルサロン エクラーラの公式ブログ。ネイルサロン初心者向けにネイルサロンのことをやさしく解説。

【ハードジェル】ってなんですか?

ハードジェルの使い方って?

f:id:eclara:20170803154519j:plain

ネイルサロン・銀座エクラーラの山崎です。こんにちは。今回はネイルサロン用語に関する疑問にお答えします。

質問:

【ハードジェル】ってなんですか?

ネイリストの答え:

ハードジェルはジェルネイルの一つです。現在はハードジェルコーティングや爪の長さ延長などに使われることが多いです。

【ハードジェル】ってなんですか?

【ハードジェル】って何でしょうか?

ハードジェルとは

ジェルの種類のこと。

ibd(アイビィーディー) クリアージェル 14g

ジェルネイルには2種類あります。

それが

ソフトジェル

ハードジェル

ソフトジェルはいわゆる【ネイルサロンで主に使われているジェルネイル】のこと。

3~4週間ごとにアセトンや専用リムーバーでオフしながらネイルを楽しめるジェルネイル。

ハードジェルというと【アセトンでオフできない】ジェル。

だから落とす際はハードジェルの部分を削り取るという方法でオフします。

爪ぎりぎりまでオフする際はなんか怖い気もしますが・・・

ソフトジェルが流行る前はジェルと言えば【ハードジェル】が主流だったようです。

ソフトジェルが爪を傷めるとはいえ年々ネイル商品の技術進歩ってすごいです。

開発してくれてる技術者さんに感謝!

ではハードジェルってもう廃れちゃったんでしょうか?

いいえ。私のネイルサロンでもハードジェル使ってます。

次はネイルサロンでのハードジェルの位置づけについてご紹介します。

ハードジェルってどうなの?

ハードジェルって実際ネイルとしてはどうなんでしょうか?

先ほど言ったように現在のネイルサロン主流はソフトジェル。

100%ハードジェルでネイルをするってほぼゼロです。

私のサロンの場合使う場面と言えば

仕上げのコーティングで使う

爪の長さを延長する時に使う

 

なのでハードジェルってソフトジェルを補完するような位置づけ。

例えば

  • ジェルネイルが剥がれやすい
  • 爪の強度をUPしたい

という場合は仕上げにハードジェルを。

ハードジェルはソフトジェルに比べて強度が強いのでこういう場合に重宝します。

実際ハードジェルの恩恵を一番受けているのがネイリストじゃないでしょうかね?

そもそもハードジェルって

アセトンを使うネイリストのために開発された

っていう話もあるぐらい。(真偽のほどは不明)

アセトンに触れても取れにくいネイルとして開発されたそうです。

私の場合それに加えて【爪の強化】の恩恵も受けてます。

頻繁にジェルをつけたり外したりするので爪が弱くなってることもあるんです・・・

そんな時ハードジェルって本当に【心強い味方】なんですよね~!

ジェルネイルはこんな風に爪の強度をUPしてくれる便利な側面もあります。

もし【爪が弱い】【爪が折れやすい】など爪の強度のことでお悩みでしたら一度ネイルサロンへご相談してみてはどうでしょうか?

強くてキレイにする爪のお手入れをご紹介しています。 

こちらもどうぞ⇒「指先キレイですね」と言われちゃう人気のネイルサロンとは?