ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店 公式ブログ

ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店の公式ブログ。ネイルサロンが初めてでもわかる記事。マニキュア・ジェル・ケア・フットの情報を初めてでもわかりやすく解説。

ネイルの【サンディング】ってなんですか?

ジェルネイルのサンディングって爪に良くないんじゃないの?

f:id:eclara:20170831174837j:plain

ネイルサロン・銀座エクラーラの山崎です。こんにちは。今回はネイルサロン用語に関する疑問にお答えします。

質問:

ネイルの【サンディング】ってなんですか?

ネイリストの答え:

爪表面をファイルやバッファーで削って爪に傷を付けることです。こうすることでジェルネイルのもちを良くする効果があります。

ネイルの【サンディング】ってなんですか?

ネイルの【サンディング】ってなんでしょうか?

サンディングとは

爪表面を削ること

です。

ジェルネイルを塗る前に下準備としてサンディングをすることが多いです。

なぜこんなことをするかというと

サンディングすることで爪表面に傷をつけるため。

この傷にジェルが入って固まることでジェルが剥がれにくくなるんです(カンゴウと呼ばれているそうです)。

サンディングをする事でジェルネイルがしっかり爪にくっついてモチが良くなるんです。

ちなみに今のネイルサロンの多くが

爪に比較的負担が少ないスポンジバッファーでサンディング

するお店がほとんど。

私のネイルサロンもスポンジバッファーでサンディングしています。

爪の表面を削るというと【大丈夫かなぁ】という人もいるかもしれません。

確かに爪の表面を削るのはあんまりいい気はしません。

でも逆に削らないとジェルがペロッと剥がれたりすることがあるんです。

この【ペロッと】がかなりの曲者で一緒に爪の表面を持って行っちゃうんですよね。

だから

多少爪が傷ついてもサンディングする

このほうがジェルネイルがペロッと剥がれちゃって爪の表面が持っていかれるよりはるかに良い!

私はそう思ってサンディングはかなり念入りにやることにしてます。

もちろんジェルネイルじゃなくてマニキュアにすればサンディング自体は必要ありません。

爪が傷むのが本当にイヤ!という方はマニキュアをするというのが爪のためにはいいのかもしれません。


こちらもどうぞ⇒丁寧なジェルオフやネイルが受けられるネイルサロンとは?

こちらもお勧め⇒【無料】プロネイリストが教える「自宅で今すぐできる上品な指先の作り方・お手入れ方法」