初めてのネイルサロン | ネイルサロン エクラーラ公式ブログ

ネイルサロン エクラーラの公式ブログ。ネイルサロン初心者向けにネイルサロンのことをやさしく解説。

マニキュアを落とした際に爪が白くなるのはなぜ?

 マニキュアを落としたら爪が白い!その原因とは?

https://www.instagram.com/p/Bku_mm0BkaP/

ネイルサロン・銀座エクラーラの山崎です。こんにちは。今回はネイルに関するQ&Aをご紹介します。

マニキュアを落とした際に爪が白くなるのはなぜ?

マニキュアを落とした際に爪が白くなるのはなぜでしょうか?

多くは

爪の乾燥

が原因です。

マニキュアを落とす際の除光液が爪を乾燥させてしまうからです。

とはいえ除光液がなくてはマニキュアを落とすことが出来ません。

よく【爪に負担がないマイルドタイプの除光液を使ってます】という人がいます。

もちろん爪にはいいんでしょけどマニキュアが落とし切れていないケースも。

マニキュアをきちんと落とさず放置しとくと色素沈着といって爪が黄色くなってしまうこともあるんです。

なのでネイリストの立場から言えば

多少爪は乾燥するけどアセトン入りの除光液がベスト

何です。

とはいえ実はネイルサロンでマニキュアを落としても爪が白くなったなぁ・・・という事は少ないです。

理由は

除光液に爪が触れる時間を出来るだけ短くしているから。

爪に除光液が触れている時間が長ければ長いほど爪の潤いは奪われてしまいます。

実はネイルスクールで一番最初に習うのが【除光液でいかに早くマニキュアを落とすか】という方法。

慣れてくると両手で5分もかからずに落とします。

なので除光液で爪を乾燥させたくない!という方はマニキュアを早く落とす方法をマスターするというやり方もおススメです。

こちらもどうぞ⇒マニキュアだらけの変なネイルサロンとは? 

おまけ:アセトンは本当に爪に悪い?

アセトンって本当に爪にわるいんでしょうか?

アセトンは除光液に入っている溶剤です。

ネイルサロンでも除光液の外にジェルリムーバーに入っていたり。

あとはジェルを塗る前の下準備としてもアセトンを使うこともあります。

ネイルサロンでアセトンというと【なくてはならない存在】。

それぐらい頼りになるアイテムなんです。

しかし一般的にアセトンに対するイメージってあんまりよくないようです。

アセトンというと【爪やお肌に悪い】というイメージ。

でも本当にそうなんでしょうか?

確かに爪やお肌を乾燥させるので使い過ぎには注意です。

爪が乾燥しちゃうと爪が折れやすくなりますからね。

お肌もアセトンによる乾燥でささくれが悪化することもあります。

しかしネイリストの視点から見るとアセトンほど素早くネイルを落としてくれるものって他にはないです。

アセトンが爪に悪いと言って【ノンアセトンリムーバー】を使う人もいますが正直爪に良いとは思いません。

ノンアセトンリムーバーの中にはアセトン以上に刺激が強いものも含まれている場合があるからです。

個人的にはアセトン入りのリムーバーで短時間でササッとネイルを落とせばそれほど爪には影響ないかなと思ってます。

特に私のネイルサロンでは爪周りのお手入れも一緒にしているので乾燥しやすい爪周りが除光液でガサガサになるということは少ないです。

もし爪だけじゃなくて指も一緒にキレイにしたいのであればネイルだけじゃなくて爪周りも一緒にキレイにしてくれるネイルサロンを探してみてはどうでしょうか?

除光液で乾燥してガチガチになりがちな指先もネイルサロンのお手入れでふっくらキレイに。

ネイルをしながらキレイな指先を楽しむことができます。

こちらもどうぞ⇒マニキュアだらけの変なネイルサロンとは?