初めてのネイルサロン | ネイルサロン エクラーラ公式ブログ

ネイルサロン エクラーラの公式ブログ。ネイルサロン初心者向けにネイルサロンのことをやさしく解説。

足がキレイに見えるフットネイル色選びのコツ

  足にネイルをしてもキレイにみえないワケとは?

f:id:eclara:20171102103240j:plain

ネイルサロン銀座エクラーラの山崎です。こんにちは。今回はネイルサロンに関する素朴な疑問にお答えします。

足がキレイに見えるフットネイル色選びのコツ

足がキレイに見えるフットネイル色選びのコツってあるんでしょうか?

それは

 できるだけはっきりした色を選ぶ

ということ。

この方法は私がネイルサロンで実際にお客様にご紹介しているやり方。

具体的にはできるだけはっきりした色を選ぶということ。

例えばベージュだったらブラウンにするとか。↓

https://www.instagram.com/p/BgP_dlGlTbY/

↓ピンクベージュだったらローズピンクにするとか。

https://www.instagram.com/p/BXKHf3CABTW/

水色だったらネイビーを選ぶとか↓(これも人気の色)

https://www.instagram.com/p/BgP_qNjl6BS/

はっきりした色を選んだ方が足はキレイに見えます。

さらに完璧にきれいにしたい場合はネイルサロンでフットケアを受けていただくのがお勧めです。

足には見えない角質が指先以上についているもの。

これが爪の面積を狭くしてくすんだ感じに見せてしまうんです。

ネイルサロンでは爪や足の角質をしっかりきれいにするのでフットネイルもキレイに↓

https://www.instagram.com/p/BlxB_yuBxiT/

周りが嫉妬しちゃうぐらいのキレイな足に仕上がります。

こちらもどうぞ⇒お疲れのアナタを癒すとっておきのネイルサロンとは?

フットネイルとペディキュアって何が違うの?

おまけ:フットネイルとペディキュアの大きな違いとは?

フットネイルとペディキュアの大きな違いってなんでしょうか?

実は大きな違いはありません。

どちらも【足のネイル】を指してます。

どちらを使うかと言えばネイルサロンでは断然【フットネイル】。

逆に【ペディキュア】の文字を見ることは次第に少なくなってます。

ちなみにワタシがやってるネイルサロンも【フットネイル】という表記。

なぜペディキュアって使われなくなってきちゃったんでしょうか?

ワタシが分析するに一つは【メニューの多様化】があります。

ちょっと前まではネイルと言えば【ラッカー】【エナメル】【ポリッシュ】と呼ばれる除光液で落ちるネイルしかありませんでした。

だから手のネイルは「マニキュア」足のネイルは【ペディキュア】。

今でもマニキュアと言えば【ポリッシュ】の事です。

しかしここ20年ぐらいでジェルネイルが登場し(あんなものは1980年代からあったと証言するレジェンドもいる)ネイルが多様化したんです。

ペディキュアというとジェルネイルが出る前のなごりで【足のお手入れ】+【足にポリッシュを塗る】というニュアンスがある。

混同を避けるために足のネイルの事を【フットネイル】と表記するようになったのだと思われます。

現在多くのネイルサロンではフットネイルの中に【ポリッシュ】【ジェルネイル】という表記をしてます。

つまりこんな感じになります。

フットネイルの【ポリッシュ】だと【足にポリッシュを塗る】というメニュー

フットネイルの【ジェルネイル】だと【足にジェルネイルを塗る】というメニュー

【ペディキュア】の文字はどこにもありませんね。

個人的にはペディキュアの方が贅沢でおしゃれなイメージがあって好きなんですけどね。

フットネイルとペディキュアに大きな違いはなく両方【足のネイル】を指す。

ペディキュアは【足にポリッシュを塗る】ニュアンスがある。

現在はネイルの多様化してきてるため現在では【フットネイル】と表記するサロンが多い。

ネイル用語って結構曖昧なところも。

ネイルサロンのメニューで迷ったときに参考にしてもらえると嬉しいです。

こちらもどうぞ⇒「素敵なネイルしてますね」と言われちゃう人気のネイルサロン