ネイルサロン エクラーラ公式ブログ ネイル・エステ・おしゃれで毎日が10倍楽しくなるブログ

ネイルサロン エクラーラの公式ブログです。ネイルサロンを10倍楽しむ方法、エステや美容や靴のことなど書いてます。

ワンランク上の足に見えるネイル色選びのコツ

  ネイルで足をきれいに見せる方法を知りたい!

f:id:eclara:20170803154454j:plain

ネイルサロン銀座エクラーラの山崎です。こんにちは。今回はワンランク上の足に見えるネイル色選びのコツをご紹介します。

ワンランク上の足に見えるネイル色選びのコツ

ワンランク上の足に見えるネイル色選びのコツってあるんでしょうか?

それが

お肌よりもワントーン暗い色を選ぶ

ということ。

あえて暗い色を選ぶことでお肌の色が相対的に白くきれいにみえるからです。

結果としてきれいな足に見える

というワケです。

具体的には私のサロンではこんな感じにお客さんにお勧めしています。

赤→ワインレット(ワントーン暗め)

https://www.instagram.com/p/BE924o2t2gt/

↓水色→ターコイズ(ワントーン落とす)。

f:id:eclara:20180801165753j:plain

 

↓ピンク→マゼンダピンク

https://www.instagram.com/p/Bj1KpugBxJP/

ちょっとした色選びのコツでいつものネイルがぐんとキレイにみえるんです。

今日からできる方法ですので是非やってみてくださいね! 

こちらもどうぞ⇒「サンダルお似合いですね」と言われちゃう特別なネイルサロンとは?

おまけ:マニキュアってフットの場合どうなの

ネイルサロンのフットネイルはフットカラーよりフットジェルの方がいいんでしょうか?

まず足にジェルネイルを塗る際の問題点としてあるのが

という問題があります。

そのため足の爪が伸びてきてしまった際にはネイルサロンでジェルネイルを取ってもらう必要があります。

それだけジェルネイルって長持ちするネイルとも言えますね。

逆にマニキュアはどうでしょうか?

マニキュアの場合の問題点としては

乾かす際に時間がかかる

ということ。

でも夏だったらサンダルを履いちゃえばすぐに乾くのでこの問題は夏だったらノープロブレムです。

ちなみに私がやってるネイルサロンでは

マニキュアでも1か月ぐらいはキレイに持ってるケースがほとんど。

さすがに1か月過ぎちゃうとマニキュアが剥がれちゃったりしますけど。

これはジェルネイルでも同じ。

つまり

フットの場合もちでいうとマニキュアとジェルはそれほど差はない

と言えます。

ちなみにネイルアートをがっつりしたいのであればジェルネイルの方がおススメです

ジェルネイルの方が断然ネイルアートの幅も広いので楽しめます。

ジェルネイルとマニキュアの違いってそもそも何?

ジェルネイルとマニキュアの違いについてご紹介します。

すごくわかりやすくいうとこんな感じ。

ジェルネイルはプラスチック

マニキュアはペンキ

ジェルネイルは爪にがっちりくっついてるプラスチック。

f:id:eclara:20161019170048j:plain

だから長持ちするし爪の補強にもなる。

逆にマニキュアは「爪に塗るペンキ」

乾くのに時間がかかるしはがれやすいのが特徴です。

実は今ネイルサロンで一番人気なのが「ジェルネイル」です。

長持ちするしすぐ乾く。

デザインもカワイイのがいっぱいあるのですごく人気があるんです。

ただし気を付けていただきたいのが

ジェルネイルは塗ったら約1か月はそのままで過ごす。

ということ。

つまり「ジェルネイルを塗ったら約1か月は爪を切れない」という事になります。

たまにやすりとか爪切りとかできる人いますけど。

切り口からジェルネイルが剥がれてきて大惨事になっちゃう事も。

だから自分でジェルネイルを切ったりするのは普通はやらないです。

なので

爪を常に短くしていたい

自分で好きな時にネイルを落したい

という方にはジェルネイルよりもマニキュアが向いてます。

私がこう言うと

マニキュアだったら自分で塗れるじゃん~

って思うかもしれません。

しかし「セルフとネイルサロンのマニキュアは別物」ですぞ。

f:id:eclara:20170803153837j:plain

サロンで塗ったほうが見た目は断然「セレブ」。

角質を「取る」お手入れを受けられるので指先自体がキレイになっちゃうからなんです。

マニキュアだって立派なネイル。

是非一度ネイルサロンのマニキュアを体験してみてはどうでしょうか?

マニキュアの魅力にハマってしまうかもしれまん。 

こちらもどうぞ⇒丁寧なネイル施術が受けられる。個室ネイルサロンの良さとは?