ネイルサロン エクラーラ公式ブログ ネイル・エステ・おしゃれで毎日が10倍楽しくなるブログ

ネイルサロン エクラーラの公式ブログです。ネイルサロンを10倍楽しむ方法、エステや美容や靴のことなど書いてます。

ラメネイルの簡単な落とし方のコツ

ラメは落とすのではなく【溶かしてはがす】イメージ

f:id:eclara:20171102103226j:plain

ネイルサロン・銀座エクラーラの山崎です。こんにちは。今回はラメネイルの簡単な落とし方のコツをご紹介します。   

ラメネイルの簡単な落とし方のコツ

ラメネイルの簡単な落とし方ってあるんでしょうか?

今回は私が実際にネイルサロンでやっている方法をご紹介します。

それが【ラメ用の除光液を使う】という方法。

ハッキリ言ってこの方法が一番早いです。

ワタシがネイルサロンで愛用してるのがOPIから出てるラメ用除光液

↓アマゾンで1500円ぐらい。

OPI プロ用ネイル エクスパートタッチラッカーリムーバー110ml

 

ラメ用除光液だとラメもスッキリ!スルスル落ちるので時間短縮にも。

落とす方法は【普通の除光液と同じ】

こんな感じ。

1.コットンに除光液をつける(垂れない程度に多め)

2.爪にコットンを乗せ親指と人差し指で上から押さえる

3.5秒ぐらいたったらふき取る

 簡単ですよね!

一番NGなのが

コットンで爪をごしごしこする

爪を乾燥させちゃうのでやらないほうがいいです。

私の場合は除光液を浸したコットンで爪を押さえてから優しくふき取る方法をやります。

ラメネイルってイメージ的には

ラメをネイルで固めてる

っていう感じ。

だからラメ周りのネイルを溶かす

というイメージでオフするとやりやすいです。

 

 

こちらもどうぞ⇒「素敵なネイルしてますね」と言われちゃう人気のネイルサロン

おまけ:【アセトン=爪に悪い】の真意とは?

今回はコラムということで私が普段思っていることを自由に書いてみようと思います。

今回はアセトンについて。

アセトンはネイルサロンにはなくてはならない溶剤。

除光液に入っていたりジェルリムーバーに入っていたり。

あとはジェルを塗る前の下準備としてもアセトンを使うこともあります。

しかし一般的にアセトンに対するイメージってあんまりよくないようです。

アセトンというと【爪やお肌に悪い】というイメージ。

でも本当にそうなんでしょうか?

確かに爪やお肌を乾燥させるので使い過ぎには注意です。

爪が乾燥しちゃうと爪が折れやすくなりますからね。

お肌もアセトンによる乾燥でささくれが悪化することもあります。

しかしネイリストの視点から見るとアセトンほど素早くネイルを落としてくれるものって他にはないです。

アセトンが爪に悪いと言って【ノンアセトンリムーバー】を使う人もいますが正直爪に良いとは思いません。

ノンアセトンリムーバーの中にはアセトン以上に刺激が強いものも含まれている場合があるからです。

逆に爪が黄色くなったり変色する人で多いのが

爪に優しいマイルド系の除光液を使っている

というパターン。

爪の上のマニキュアがしっかり落ちないのでそのまま爪に残り変色しちゃうんです。

個人的にはアセトン入りのリムーバーで短時間でササッとネイルを落とせばそれほど爪には影響ないかなと思ってます。

特に私のネイルサロンでは爪周りのお手入れも一緒にしているので乾燥しやすい爪周りが除光液でガサガサになるということは少ないです。

もし爪だけじゃなくて指も一緒にキレイにしたいのであればネイルだけじゃなくて爪周りも一緒にキレイにしてくれるネイルサロンを探してみてはどうでしょうか?

除光液で乾燥してガチガチになりがちな指先もネイルサロンのお手入れでふっくらキレイに。

ネイルをしながらキレイな指先を楽しむことができます。

こちらもどうぞ⇒マニキュアだらけの変なネイルサロンとは?