初めてのネイルサロン | ネイルサロン エクラーラ公式ブログ

ネイルサロン エクラーラの公式ブログ。ネイルサロン初心者向けにネイルサロンのことをやさしく解説。

甘皮周りのネイルがガタガタになってしまう原因とは?

ネイルがだらしなく見えるのは甘皮周りがキレイに塗れていないから

f:id:eclara:20180510104313j:plain

ネイルサロン・銀座エクラーラの山崎です。こんにちは。今回は甘皮周りのネイルがガタガタになってしまう原因についてネイルの観点から考えてみます。

甘皮周りのネイルがガタガタになってしまう原因とは?

甘皮周りのネイルをキレイに塗るにはどうしたらいいでしょうか?

色々な原因があるんですけど一番大きな原因

それが

甘皮周りの角質

です。

一見爪自体はキレイにみえるんですけど実は目に見えない薄皮がこびりついているもの。

そのままネイルをすると結局薄皮の上にネイルを塗ることになっちゃうので甘皮周りのネイルがガタガタになっちゃうんです。

いくら腕のいいネイリストでもこの状態でキレイに塗るのは難しいです。

では甘皮周りをキレイに塗るにはどうしたらいいか?

私のお勧めは

ネイルサロンでネイルケアを受ける

ということです。

ネイルケアをすることで爪周りの角質をキレイに出来るので爪周りもすっきりします。

私がやっているネイルサロンでも

ネイルはしないけどネイルケアだけは毎月やってます

というお客様も多くいらっしゃいます。

逆にネイルケアをしっかりしていると甘皮周りのネイルもするするキレイに塗れちゃいます。

指先がキレイだとそれだけであなたの印象もぐっとキレイに。

指先がキレイだといつもの仕事も楽しくなります。

 

こちらもどうぞ⇒「指先キレイですね」と言われちゃう人気のネイルサロンとは?

 

私がやってるマニキュアで爪が黄色くなるのを防ぐ方法

マニキュアの色素沈着を防ぐ簡単な方法ってあるんでしょうか?

今回私がやっている方法をご紹介します。

まずネイルサロンでお客さんに毎回お願いしていること。

それが

【コットンを使ってマニキュアを落とす】ということ。

ティッシュとかだときちんとマニキュアが落ちないですし無駄に除光液が減ってしまうんです。

マニキュアがきちんと落とせずマニキュアが爪に残るとどうなってしまうでしょうか?実は落ちたように見えてもマニキュアって爪に残っていることが。

その残ったマニキュアが爪にくっついて色素沈着を起こすことがあるんです。

一度コットンでマニキュアを落としたら再度きれいなコットンに除光液を付け再度オフします。

ちなみにマニキュアをしっかり持たせるにはネイルケアを受けるのが効果的です。

特に爪の根元は角質がびっちりついているんでネイルを塗ってもはがれやすくなっちゃうんです。

そのため私ネイルサロンでは

マニキュアを塗る際も必ずネイルケア

をするようにしています。

特にネイルケアをすることで指先に清潔感が出て自然なネイルを楽しめるんです。

派手系の色のネイルでもケバくならずにキレイ。

お客様からも

オフィスでもネイルを気兼ねなく楽しめるようになった

との言葉をいただいています。

ネイルケアで長持ち&品のあるネイルを。

ネイルで指先が明るくなると人に会うのも楽しくなります。

 

 

こちらもどうぞ⇒常に閉店してるセレブ御用達のネイルサロンとは?

おまけ:除光液で手早くマニキュアを落とす方法

除光液で手早くマニキュアを落とす方法ってあるんでしょうか?

 

今回はネイルサロンでやってる除光液で手早くマニキュアを落とす方法をご初回します。

用意するもの

  • 除光液(アセトン入りの普通のやつ)
  • コットン(ティッシュはNG)
  • ビニール袋(使用済のコットンを入れる)

やり方

  1. コットンに除光液を染み込ませます。(500円玉ぐらいが目安。垂れない程度にたっぷり目に沁み込ませるのがコツ)
  2. コットンを爪の上に置き親指と中指の指の腹でしっかり押さえます。
  3. 10秒ほどたつとマニキュアが柔らかくなるので爪先に向かってすっと引き抜きます
  4. 1枚のコットンで大体片手5本のマニキュアをオフします。

使い終わったコットンはビニール袋に入れます。ビニール袋の口をしっかり縛り密閉タイプのゴミ箱に捨てます。

イメージはこんな感じです。↓

コツ

コツは【コットンを爪に置いたらぎゅっと抑える事】です。

こうすることで除光液とマニキュアが密着してマニキュアが柔らかくなるので落としや空くなります。

さらにネイルサロンでは1枚のコットンで約5本の指を落とします。

難しそうに見えますが大きめのコットンを使い角ごとに落として行けば意外と簡単です。

おまけ:マニキュアを手早く短時間で落として方が良いワケとは?

マニキュアを手早く短時間で落として方が良いワケってあるんでしょうか?

ネイルサロンではマニキュアを手早く落とす事は

時間の節約になるほか

爪の乾燥を防ぐ

ためにとても大切なこと。

実は普通のネイリストであれば両手で5分もかからずに落とします。

実は除光液は便利な反面使いすぎる事で爪の潤いを奪ってしまう事があるんです。

だから除光液を使う際には

除光液に爪が触れる時間を出来るだけ短くする。

これがが大事。

あれ?落ちないなあ~。

なんて言いながらティッシュに除光液を染み込ませて長い時間ゴシゴシしてませんか?

爪に除光液が触れている時間が長ければ長いほど爪の潤いは奪われてしまいます。

実はネイルスクールで一番最初に習うのが【除光液でいかに早くマニキュアを落とすか】という方法。

私がネイルスクールにいたころは

10本を5分以内で落とす!!

事を目標に練習させられてました。

そんな事もあり今のネイルサロンでマニキュアを落としても爪が白くなったなぁ・・・という事は少ないです。

なので除光液で爪を乾燥させたくない!という方はマニキュアを落とす時間を短くする。

という方法がおススメです。

自分で練習するのももちろんOKですけどネイルサロンだと直にやり方を見ることが出来ますよ。

気になる方は一度ネイルサロンでカラーオフ(マニキュアを落とすこと)をやってもらってはどうでしょうか?

あまりに速さにびっくりするかも・・・しれません。 

こちらもどうぞ⇒マニキュアだらけの変なネイルサロンとは?