初めてのネイルサロン | ネイルサロン エクラーラ公式ブログ

ネイルサロン エクラーラの公式ブログ。ネイルサロン初心者向けにネイルサロンのことをやさしく解説。

【初めてのネイルサロン】ジェルネイルの持ちにも個人差があるってホント?

ネイルサロン エクラーラ

ネイルサロン エクラーラの山崎です。今日もプロのネイリストの視点からお話します。

ネイルサロンでジェルネイルを付け替える周期についてですがおおよそ3~4週間です。

しかしジェルネイルの持ちにも個人差があります。

特にプールや温泉などに水やお湯に接する機会が多いとはがれやすい場合があるからです。

ですので次回ネイルサロンに行く際には剥がれた旨を伝えてみるといいと思います。

あなたに合ったジェルや施術方法を変えてくれるかもしれません。

甘皮自体は大切な役割を果たしています。

ですのである程度は甘皮があったほうがいいのです。

指先には個人差がありますので通われているネイルサロンに相談されるのが一番いいと思います。

ささくれはネイルオイルがささくれの部分に届いていない場合も。

フリーエッジ(爪の白い部分)の裏からオイルを垂らすことで爪の両端にオイルが届きささくれが改善する場合があります。

ものすごくわかりやすくいうとネイルの種類は大きく3つに分かれます。

まずはマニキュア。

これはものすごくわかりやすくいうと「爪に塗るペンキ」のようなもので。

乾くのに時間がかかりますしはがれやすいです。

しかし市販の除光液で自分で好きな時に落とせるのがメリット。

さらにジェルネイル・ソフトネイル。

これは同じものと思っていいです。

厳密にはソフトネイルはジェルネイルの種類の一つ。

でも今では多くのネイルサロンで【ジェルネイル=ソフトジェルネイル】です。

ジェルネイルを超わかりやすくいうと「爪にしっかりとくっついたプラスチック」。

専門のライトで固めますので乾かす時間もいらない。

プラスチックなのでマニキュアに比べて耐久性もあるのが特長。

耐久性がある分落とす際にはネイルサロンで落とします。

価格は6000円~15000円程度が一般的。

(価格はネイルサロンや地域によって違います)またアクリルですが簡単に言うと「アクリル樹脂」です。

現在の主流メニューではないです。

いわゆるオワコン。

爪の補修なんかで使われています。

乾かす時間がかかってしまうといわれるマニキュア。

しかし年々乾くのが早くなっている印象です。

トップコートを速乾性のものを使うだけでも乾かす時間はだいぶ短縮されます。

こちらもどうぞ⇒自然な爪の美しさを導く大人のためのネイルサロンとは?

オマケ

足爪は四角く整え角を少しだけ削るスクエアオフを。

そして長さは指と同じぐらいの長さが良いとされています。

爪が指よりも長い場合には指が隠れるぐらいの長さまで切ってしまっても大丈夫です。

しかし爪の白い部分がどんどん下にくる場合があります。

これは爪が剥離してしまったりすることで白い部分が増えていく場合があります。

剥離とはいかなくても多くの場合爪の白い部分(フリーエッジ)は爪の1/3ぐらいのところにあるケースが多いです。

この場合フリーエッジをすべて切ってしまうのはおすすめしません。

深爪がすすんでしまったりしますしように巻き爪や陥入爪の原因になる場合があるからです。

ご参考にしてくださいね。

こちらもどうぞ⇒テーブルのない変なネイルサロンとは?