初めてのネイルサロン | ネイルサロン エクラーラ公式ブログ

ネイルサロン エクラーラの公式ブログ。ネイルサロン初心者向けにネイルサロンのことをやさしく解説。

【初めてのネイルサロン】マニキュアをする際に爪を尖らせてはいけないワケとは?

ネイルサロン エクラーラ

ネイルサロン エクラーラの山崎です。今日もプロのネイリストの視点からお話します。

爪を伸ばしたくても折れてしまうというマニキュアのお悩みは多くいただきます。

ケースとして多く見られた原因について書かせていただきます。

●原因・・・爪の先端を尖らせすぎていませんか。

爪がよく折れるという方のお爪を見せていただくと先端が三角形になっているいわゆる「ポイント」という形になっていることがよくあります。

もちろんこの形は大人っぽくて素敵ですが実は爪先の形によって強度が異なる場合があるのです。

特に爪の先端が三角形のような形の場合爪先に力が入ると先端に力が集中してしまい折れやすくなってしまう場合があります。

マニキュアが必要ですね。

ネイルの仕上がりは「爪の形」が影響していることが多いです。

同じ赤いマニキュアでも全く爪を整えていない場合ときっちり長さが合って爪の形を整えた場合では全く印象が違うんです。

爪の長さは出来たら爪先の白い部分が3ミリ以上あるとGOODです。

これぐらいあれば丸型でも三角でも四角でも好きな形に爪を削ることが可能です。

かかとの角質がカチカチになっている事ならいくらクリームを塗ってもなかなかお肌になじみません。

私のネイルサロンではこのような方のための「フットエステ」コースがあります。

足や足爪のお手入はもちろんですが固くなったかかと角質ケアも一緒に行います。

「かかとが柔らかくなった」「人に見られても平気になった」と喜ばれています。

こちらもどうぞ⇒丁寧なネイル施術が受けられる。個室ネイルサロンの良さ

オマケ

ジェルネイルは少しずつですが爪を薄くしてしまいます。

本来であれば薄くなった場合にはネイリストが判断し爪に合ったお手入れをするべきなのです。

私だったらなんでもジェルネイルを塗って解決しようとする【ジェルネイル押し】のネイルサロンではなく【爪のお手入れ】や【自分の爪の様子を見てくれる】ネイルサロンに行きます。

ご参考にしてくださいね。

こちらもどうぞ⇒マニキュアだらけの変なネイルサロンとは?