初めてのネイルサロン | ネイルサロン エクラーラ公式ブログ

ネイルサロン エクラーラの公式ブログ。ネイルサロン初心者向けにネイルサロンのことをやさしく解説。

【初めてのネイルサロン】上手なささくれ処理のやり方とは?

ネイルサロン エクラーラ

ネイルサロン エクラーラの山崎です。今日もプロのネイリストの視点からお話します。

さみや定規を「爪代わり」に。

このような作業ははさみや定規などを使うとスムーズにいきます。

たとえば段ボールを開けるときにはハサミを使うなど。

またシールをはがすときは定規を使うとうまくいきます。

缶ビールはプルタブを持ち上げれば後は爪を使わず開けられますよね。

プルタブはスプーンを使うとうまく持ち上がりますよ。

爪も酷使しなくて済みますのでもし心当たりがあればおススメですよ!ささくれの対策ですが出来てしまったささくれは切ってしまうというのが一番です。

切るというのは具体的には「引っかかった部分だけを切り取る」ということ。

これは爪切りで切るとやりやすいですよ。

逆に一番やってはいけないのが「引っ張る」という行為。

実はささくれができやすい爪の両端というのは皮膚が巻いている部分。

ですので出てきたささくれをうっかり引っ張ってしまうと皮膚の奥の方まで引っ張られてしまい痛い思いをすることも(経験あり)。

またささくれの予防ですがこれは「保湿」がおススメです。

一番いいのが「オイル」です。

ネイルオイルでもいいですが普通のオイルでもOK。

ハンドクリームだとささくれができる爪の両端の部分に行きわたらないので液体タイプのオイルがおススメです。

マニキュアを落とすには除光液が一番いいです。

除光液は今ではコンビニでも売っていますので手に入りやすいというのも魅力の一つです。

除光液以外でというのでしたらジェル用のリムーバーでも落とすことが可能です。

こちらは除光液に入っているアセトンという成分が入っていますので落とすことができます。

しかしジェル用のリムーバーはあくまでジェルを落とすために作られています。

アセトン自体は爪や爪周りの皮膚を乾燥させる効果があるので注意が必要です。

もし使うのであれば水で少し薄めてから使うようにするといいです。

もちろんこれは緊急用としての使い方ですが・・・また無水エタノールでもマニキュアを落とすことができます。

これは私自身サロンで働くようになって発見したことなんですけどなぜ落ちるかは私自身もよくわかりません(笑)。

ただし無水エタノールで落とす場合爪を強くこする必要があります。

エタノールにも油分をとる働きがありますのでこの方法もあくまで緊急用で正直あまりお勧めはしません。

やはり除光液を買いに行くの一番です。

こちらもどうぞ⇒寝落ちしてしまうほどの誘惑的なネイルサロン

オマケ

縦筋は年齢とともに爪に現れることが多いといわれています。

キレイに保つ方法として私がおススメするのが【ネイルをする】などの何かをプラスするお手入れ。

たとえばネイルオイルを塗ったり(これだけでもツヤが出てキレイに見えます)ベースコートを塗ったりする方法です。

ベースコートは2回程度重ね塗りすることで爪にツヤが出て凹凸が目立たなくなりますのでお勧めです。

ご参考にしてくださいね。

こちらもどうぞ⇒寝落ちしてしまうほどの誘惑的なネイルサロン