ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店 公式ブログ

ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店の公式ブログ。ネイルサロンが初めてでもわかる記事。マニキュア・ジェル・ケア・フットの情報を初めてでもわかりやすく解説。

【初めてのネイルサロン】行くと疲れちゃうネイルサロンの特徴とは?


f:id:eclara:20180801165753j:plain

ネイルサロン エクラーラの山崎です。今日もプロのネイリストの視点からお話します。

ネイルサロンに行くと長いテーブルの前に座り両手を出して施術をしてもらいます。

「バーカウンター形式」(人によって呼び方はいくつかあるようですが)と言うタイプです。

このタイプはネイルサロンにとってはお客さんをいっぱい入れることができるのでうれしいのですがはっきり言って疲れます。

長時間両手を前に出すって疲れちゃんうですよね・・・そこでおすすめなのがテーブルがないタイプかあっても右と左に分かれているタイプです。

この場合ですと片手づつ施術を行うのでそれほど疲れません。

またこのタイプのサロンの多くはソファータイプの椅子を採用してますのでゆっくりくつろぎながらお爪のお手入れをすることができます。

テーブルの前に座らずソファに座り片手づつ施術を行うタイプのサロンはたいてい高級サロンだったりします。

なぜ高級サロンに多いのかというとこのタイプは実はネイルサロンにとって面倒な点た多かったりするんです。

片手づつ行うので効率も悪いですし場所も取るので一度に大勢施術できなかったりします。

なので多くはカウンター形式をとっているというのが実情なのではないでしょうか・・・ネイルサロンは爪をきれいにするところでリラックスする場所ではないというイメージがある方是非一度ネイルサロンのテーブルをチェックしてみてください。

あなたにあったネイルサロンが見つかると思います。

爪の形を整える際に最初はできるだけ「爪を尖らせない」ということが大切です。

爪を尖らせることで爪先の強度が弱くなってしまうからです。

結果として爪にヒビが入りその部分の爪を噛んでしまったりむいてしまったりすることで爪が割れてしまうことがあります。

おススメは「指の先の形」に合わせた形。

専門的に言うと「ラウンド」です。

また爪が柔らかい場合爪が裂けやすいです。

ですのでできるだけ爪の先端は引っ掛かりがないよう爪やすりで滑らかに仕上げておくとキレイに伸ばせると思いますよ。

ネイルサロンに行く前に必ずしも爪は長くなくても大丈夫です。

そのままのお爪でお越しください。

「ネイルサロンで施術をお断りする」ケースがあるとすればそれが「けがをしている場合」。

手荒れ自体は特に問題がありません。

ただし手荒れがあまりにもひどく血がにじむ場合。

そのような場合はその部分に薬品が入るとしみる場合もあります。

ですので手荒れがひどい場合には手荒れを改善してから行くといいと思いますよ。

こちらもどうぞ⇒清潔感のある足に仕上がるネイルサロンとは?

オマケ

ネイルサロンではネイルをする前に必ず爪の角質処理をしてからネイルをします。

もしくは角質のない部分のみにネイルをします。

また爪の上の油分や水分をしっかり除去するための溶剤を爪にぬるなどしてできるだけ塗ったネイルが爪にしっかりくっつくような施術をしていきます。

マニキュアはネイルサロンで塗ったほうが一番いいです。

仕上がりも断然キレイですしはがれにくくするための小さいノウハウや技術をたくさん持っているからです。

ご参考にしてくださいね。

こちらもどうぞ⇒セレブの人がこっそり通っている隠れ家ネイルサロンとは?

こちらもお勧め⇒【無料】プロネイリストが教える「自宅で今すぐできる上品な指先の作り方・お手入れ方法」