ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店 公式ブログ

ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店の公式ブログ。ネイルサロンが初めてでもわかる記事。マニキュア・ジェル・ケア・フットの情報を初めてでもわかりやすく解説。

【初めてのネイルサロン】マニキュアで爪を乾燥させないためのコツとは?

ネイルサロン エクラーラ

ネイルサロン エクラーラの山崎です。今日もプロのネイリストの視点からお話します。

除光液はあまりに頻繁に使いすぎると爪や指先の大切な油分までも奪ってしまうことがあります。

せっかくマニキュアで指先を美しくしたのに指先が乾燥してしまったら悲しいですよね・・・そこでおすすめなのが【除光液の使用回数を減らす】という方法。

除光液の使用回数を減らすと除光液に触れる機会が少なくなりますので指先の乾燥を防ぐことができるといえます。

マニキュアを日常的にやられている方に伺うと3日に1度は塗り替えていますという方がたまにいらっしゃいます。

プロの視点からみるとさすがに3日に1度は頻度が高いと思います。

理想は・・・10日~2週間に1度にしたいところです。

実は除光液にはアセトンなど指先を乾燥させてしまうと言われている成分が含まれています。

そのため一般に販売されている除光液の多くには乾燥を防ぐための保湿成分などが含まれています。

除光液はマニキュアを楽しんだり指先を美しく飾るためには必要なアイテムです。

ただし除光液の使用回数を減らすことが美しい指先を保つ鍵なのです。

2枚爪や爪が薄くなってしまったときには爪が弱ってきている場合がありますのでその場合には行きつけのネイルサロンに相談してみるのがいいと思います。

またこれ以上爪を薄くしないために爪を削らないタイプのジェルネイルをするという方法もあります。

マニキュアで爪が乾燥するのは除光液の多用などが原因です。

除光液を多用しないためにはマニキュアは1週間から10日持たせるのがベストです。

また素早くマニキュアを落とすのも爪を乾燥から守るためにも大切です。

たっぷりと除光液をコットンに含ませマニキュアとなじませてから皮膚につけないよう落としていきます。

マニキュアを落とす除光液を使います。

この除光液に含まれている「アセトン」という成分がマニキュアを溶かしてくれます。

しかしアセトンには皮膚や爪の乾燥を引き起こしてしまうという特徴があります。

ですので除光液でマニキュアを落とす際には少なからず爪や爪回りの皮膚が乾燥することに。

除光液自体にも保湿剤などが入っていますのである程度の乾燥は防ぐことはできます。

除光液を多用しないことが爪を乾燥から守るためには大切でっす。

できたら1週間から10日ぐらいに1回の使用がベストです。

こちらもどうぞ⇒ハンドケアに実績のあるネイルサロンとは?

オマケ

爪を爪やすりで削る際は爪の表面を削らないようにすることが大切です。

特に爪の両端は巻いている場合が多いので爪の両端の皮膚をしっかり押し下げながら削ります。

ネイルアートについては爪が薄いということであるのでジェルネイルはあまりお勧めしません。

さらに爪が薄くなってしまう可能性があるからです。

爪が薄い方に人気なのがマニキュア。

マニキュアは爪を薄くすることはありませんし手軽にできるのが人気の理由です。

しかしマニキュアでネイルアートをする場合も頻繁に塗り替える寄りは10日に1回程度塗り替えがベスト。

ネイルチップを両面テープで張り付ける【つけ爪】であれば比較的爪を傷めないです。

両面テープは接着剤に比べて剥がすときにも簡単にはがすことができます(とはいっても慎重にはがすのがベストです)。

ご参考にしてくださいね。

こちらもどうぞ⇒ネイルケアに実績のあるネイルサロンとは