ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店 公式ブログ

ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店の公式ブログ。ネイルサロンが初めてでもわかる記事。マニキュア・ジェル・ケア・フットの情報を初めてでもわかりやすく解説。

【初めてのネイルサロン】短い爪や大きい爪をすらっと見せてくれるネイル塗り方のコツとは?

ネイルサロン エクラーラ

ネイルサロン エクラーラの山崎です。今日もプロのネイリストの視点からお話します。

短い爪でもすらっとした指先を演出したいですよね。

ではどうしたらいいでしょうか。

その解決法は「爪の両端を少し残してマニキュアを塗る」なのです。

ポイントは「爪いっぱいに色を塗らない」という事です。

これだけでもずいぶん印象は変わります。

こうすることで横幅が細く見え結果として細長の爪に見えるというわけです。

このように爪の長さが短くて気になる場合には縦のラインを強調し縦長に見える工夫をすることで指先の印象はかなり変わってきますよ。

ただしここで大切なのが「爪の形をキレイにそろえる」という事です。

よくネイルをキレイにしているのになんとなく美しく見えないという場合は爪の形が整っていないことがよくあります。

爪の形を10本そろえることで初めて塗ったマニキュアやネイルアートが美しく映えると思います。

しかし爪の形をそろえて削るというのは実は難しい作業でもあります。

爪切りで滑らかに整えるのは難しいですしかといって爪やすりで爪をきれいに整えるとなると時間がかかってしまう場合もあります。

そこで私は「爪の形をキレイに整えてくれる」ネイルサロンに行かれることをお薦めします。

これなら爪の形も自分で削るよりもキレイになりますしネイルもできるのでお得ではないでしょうか。

私でしたら月に1回ネイルサロンでお手入れして爪の形をキレイに整えてもらいます。

爪自体が薄い場合大切なことは爪自体を強化することです。

爪は皮膚の一部ですから爪によい食べ物などもありますがこれでは時間がかかりすぎてしまいますね。

またジェルなどで強化する等方法もあります。

とはいってもジェルネイルは程度の差はあれ爪にダメージを与えるものですので「爪が薄いから」という理由だけでジェルネイルをし続けるとさらに爪がうすくなる場合もあるんです。

つまり爪がうすい→ジェルネイルをする→爪がさらに薄くなる・・・とはいってもあまりにも爪が薄い場合どうすればいいでしょうか。

その解決法は「ベースコート剤」なのです。

ポイントは「ストレンスナー(強化剤入り)」と書いてあるものを選ぶということです。

確かにベースコートでもいいのですがストレンスナーには劣ります。

ストレンスナーは重ね塗りもOKですので爪の様子を見ながら塗りましょう。

ただしこの方法ですと永遠にストレンスナーを使い続けなくてはなりません。

というのもストレンスナーは矯正下着と同じで一時的に爪を強くしているだけだからです。

またストレンスナーは通常2000円?3000円とちょっとお高めです。

ですので「爪が薄い」という問題を解決するためだけに常に高価なベースコートを使い続けなければならないというのはちょっともったいない気もします。

私は「爪のお手入れをしてくれる」ネイルサロンに行かれることをお薦めします。

爪のお手入れを続けることで爪がキレイになったり割れにくい爪になるとも言われています。

「カラーオフ」とは爪の上のポリッシュを除去することです。

ちなみにジェルを除去するときには「ジェルオフ」と言ったりします。

ポリッシュのほとんどが市販されている除光液で落とす(カラーオフする)ことができます。

簡単に除去できるという点もありポリッシュはまだまだ人気のメニューです。

しかしカラーオフは自分でできるものですが簡単にマスターできるかといえばそうではありません。

というのもネイルスクールなどで一番最初に習うのが「カラーオフ」だったりします。

カラーオフの基本は【素早く】【爪や爪回りの皮膚を乾燥させないように】です。

個人的にはカラーオフにかける時間は3分から5分ほどが理想だと思っています。

というのも時間がかかるという事はそれだけ爪や爪回りの皮膚に除光液を触れさせていることになります。

その結果として爪や爪回りが乾燥してしまう原因になる場合があるのです。

傷んだ爪でお悩みなら⇒セレブも通うラグジュアリーな個室ネイルサロンとは?

オマケ

・せっかく爪を伸ばしたのにすぐに折れてしまう。

・爪を伸ばすと割れてしまう・マニキュアを塗ってもすぐに剥がれてしまう。

以上のことは爪の強度と関係があることが多いです。

特に注目したいのが【爪先を尖らせているケース】です。

爪の先を細くしようとするあまり爪先を三角形の形にしてしまう場合です。

このような形にしてしまうと三角のてっぺん(爪の先端の部分)に力が集まってしまいます。

四角や丸い爪先と比べると強度が弱く結果として爪が折れやすくなってしまうことになります。

爪が折れやすいなと思った場合爪先の形を確認してみてください。

爪の白い部分が【三角形】に近かったりする場合にはもしかしたら爪の形が折れやすい原因かもしれません。

お爪の割れやすさは爪先の扱い方や爪先の形が影響することが多いです。

もし折れやすかったりしたらお爪の形を見直してみると糸口が見つかるかもしれません。

本来であれば爪は月に1回を目安にネイルサロンでお手入れしたほうが爪のためにはいいです。

お手入れせずに爪を伸ばすことで爪が乾燥し爪が折れやすくなってしまうからです。

私でしたら月に1回ネイルサロンでお手入れして折れにくい爪のお手入れをしたり爪の形をキレイに整えてもらいます。

ご参考にしてくださいね。

こちらもどうぞ⇒セレブの人がこっそり通っている隠れ家ネイルサロンとは?

こちらもお勧め⇒【無料】プロネイリストが教える「自宅で今すぐできる上品な指先の作り方・お手入れ方法」