ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店 公式ブログ

ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店の公式ブログ。ネイルサロンが初めてでもわかる記事。マニキュア・ジェル・ケア・フットの情報を初めてでもわかりやすく解説。

【初めてのネイルサロン】マニキュアを塗ると爪が黄色くなるのはなぜ?

ネイルサロン エクラーラ

【初めてのネイルサロン】マニキュアを塗ると爪が黄色くなるのはなぜ?

ネイルサロン エクラーラの山崎です。今日もプロのネイリストの視点からお話します。

マニキュアを塗ると黄色くなるといわれていますが原因の一つは「色素沈着」と言ってマニキュアの色が爪に移ってしまうために爪が黄色くなる場合があります。

実はマニキュアの色素沈着で多いのが「爪が黄色くなった」という話です。

一方でと「爪が青くなった」「爪が黒くなった」という話はあまり聞きませんよね。

なぜでしょうか。

これはマニキュアに含まれる黄色の顔料が爪に移りやすいためといわれています。

実は黄色の少ない顔料(黒や白)を爪に塗ってもほとんど爪が黄色くなることはありません。

黄色の顔料が入っている色には以下の色があります。

・黄色系(あたりまえですが・・・)・ベージュ系(意外と黄色が入ってます)・緑系(青+黄色⇒緑なので・・・)・赤(多少入ってます)と多岐にわたってますね・・・逆に黄色が少ない色には以下のものがあります。

・白(使いようによっては使いやすい)・黒(黒のマニキュア個人的には好きですが・・・)・ラメ(ベースが透明)⇒意外と使いやすい。

でも落ちにくい・・・・透明(これが一番使いやすい)という訳で結局日常使いにはちょっと不向きな色が多かったりします。

このようにマニキュアの多くの色には黄色が入っていますが少しでも黄色の顔料が少ない色を選びたいものです。

フットネイルをネイルサロンで受ける際に注意したいのが「ビーチサンダル」です。

ビーチサンダルは履くときも脱ぐときも爪が鼻緒の部分に当たってしまいがちですので注意して着脱する必要があります。

ジェルネイルの場合ヨレちゃった?なんてことはないのですがポリッシュにはジェルにはない独特の色合いやツヤがペディキュアファンには人気という側面もあります。

また足の爪が伸びたらペディキュアを自分で落とせるという魅力も人気の一つです。

この夏はペディキュアをして颯爽と歩いてみませんか。

ネイリストの間では【紙のファイル】が人気です。

エメリーボードともいうのですが20センチほどの長さがあり薄いので爪のサイドにも入りやすくカーブなどが作りやすいです。

しかしこれが初めてネイルをする人にとって削りやすいかどうかは疑問です。

もしかしたら短い爪やすりの方が使いやすいかもしれません。

使いやすさは人それぞれなので実際に試してみるのがおススメです。

ちなみにガラス製のファイルでもいいと思います。

特に水で洗っても傷みませんので何十回もつかえるところが魅力だと思います。

傷んだ爪でお悩みなら⇒セレブも通うラグジュアリーな個室ネイルサロンとは?

オマケ

本来爪にがっつりくっついているはずのジェルネイルが爪から剥がれてしまった状態のことを「浮く」と言います。

爪とジェルの間に水が入ってしまいカビの原因になるともいわれています。

浮いて来たら早めにお治しするのがおススメです。

ご参考にしてくださいね。

こちらもどうぞ⇒「サンダルお似合いですね」と言われちゃう特別なネイルサロンとは

こちらもお勧め⇒【無料】プロネイリストが教える「自宅で今すぐできる上品な指先の作り方・お手入れ方法」