ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店 公式ブログ

ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店の公式ブログ。ネイルサロンが初めてでもわかる記事。マニキュア・ジェル・ケア・フットの情報を初めてでもわかりやすく解説。

【初めてのネイルサロン】除光液を使うと爪が白くなるのはアナタの【癖】が原因かも?

ネイルサロン エクラーラ

ネイルサロン エクラーラの山崎です。今日もプロのネイリストの視点からお話します。

除光液を使って爪が白くなってしまう原因として除光液を付けたコットンで爪を何度もこすってしまう場合があります。

除光液を使う際にはコットンを使うことが必須ですがそのほかにも除光液とマニキュアをなじませてからオフすると上手くいきます。

またオイルを使わなくても爪の乾燥を防ぐことができます。

それが【保湿剤入りの除光液を使う】という方法。

少し高価になりますがアロエエキスなどの保湿剤が入っている除光液があります。

このように爪を乾燥させない様な保湿剤入りの除光液を使うという方法もあります。

どちらにしても除光液は爪を乾燥させるものですので毎日使うなどの多用は控えるのがベストです。

本来であれば月に1回を目安にネイルサロンでお爪や指先のお手入れしたほうがいいです。

お手入れをせずネイルをしてもネイルがうまく塗れず指先が汚らしくなってしまうからです。

さらにネイルケアを一緒にできますので爪のお手入れをすることができ爪の乾燥を防ぐことができます。

かかとの角質は削りすぎるとかえって固くなってしまいます。

ですので削りすぎないようにすることが大切です。

ジェルオフの手順自体はシンプルですが意外と失敗例が多かったりもします。

最初に「ジェルネイルの表面を削る」という作業があります。

このときに地爪も一緒に削ってしまうケースが多いです。

また無理やりジェルネイルをとってしまうこともありこの場合にも爪を傷めてしまいます。

ですのであまりよくわからずジェルオフすることで爪を極端に薄くする恐れもあります。

本来であればネイルサロンでジェルオフをするのが一番いいです。

こちらもどうぞ⇒「素敵なネイルしてますね」と言われちゃう人気のネイルサロンはこれ

オマケ

ネイルケアは爪と爪回りのお手入です。

お湯に指を付けて皮膚を柔らかくした後に爪回りの角質をキレイにしていきます。

また爪の形自体は変えることは難しです。

しかし人工爪を付けたりまた爪が縦長に見えるような爪の形に削る事で少しずつ見た目を変化させることは可能です。

ご参考にしてくださいね。

こちらもどうぞ⇒丁寧なネイル施術が受けられる。個室ネイルサロンの良さ