ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店 公式ブログ

ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店の公式ブログ。ネイルサロンが初めてでもわかる記事。マニキュア・ジェル・ケア・フットの情報を初めてでもわかりやすく解説。

【初めてのネイルサロン】指をキレイにみせる爪ケアとネイルのコツとは?

ネイルサロン エクラーラ

ネイルサロン エクラーラの山崎です。今日もプロのネイリストの視点からお話します。

指をほっそり見せるために一つは爪の長さを出すという方法があります。

爪の長さを出すことで相対的に指が長くなり結果として指がほっそり長く見えることになります。

ご自宅ですと根気よく爪を伸ばすという方法になるかと思います。

またネイルは少しでも指をほっそり長く見せたいのであれば指と同系色を塗るのがベスト。

ベージュやベージュピンクサーモンピンクなどご自分のお肌の色と似たような系統のお色を塗ると爪とお肌が一体化して見え指がほっそり長く見えます。

私としては「ジェルネイルは爪に良くも悪くもない」という認識です。

確かにジェルは・長持ちする・見た目がいい。

・爪の補強にもなるという良い点があるのも事実。

一方でマイナス要因としては・ジェルネイルを塗る前に爪表面を削るので少しずつ薄くなる・ジェルネイルを落す際のリムーバーが爪を乾燥させることがある。

・ジェルオフをする際に少しずつ爪の表面は剥がれていく。

上のことを考えると私はお客さまに「ジェルネイルは爪に良いのでジェルをしましょう」とは言えないです。

私はジェルネイルを「ファンデーション」に例えて説明してます。

ファンデーションを塗るとお肌がキレイに見えます。

でもファンデーションそれ自体は毛穴を詰まらせたりする場合もありますしカバー力が高いとそれだけお肌に負担になることも。

またファンデーションを落すクレンジングで洗顔しすぎると今度はお肌が荒れてしまったりすることもありますよね。

ジェルネイルも同じで大切なのは「用途に合わせて使う」という事。

パーティがあるなんて時には先端が欠けにくいジェルネイルが重宝します。

ネイル=メイクの一部だと考えると爪の様子を見ながら楽しむのが大切です。

足の爪が巻いてしまう原因は様々です。

予防策としては爪を短くしすぎない角を落としすぎないがあります。

また痛みが生じたり皮膚が傷ついている場合には皮膚科などの専門機関へご相談ください。

私のネイルサロンでも【親指の爪が食い込んで痛い】という方がいらっしゃいます。

もし痛みが生じたりまた皮膚が傷ついている場合には皮膚科などの専門機関へご相談するのがおススメです。

爪が皮膚に食い込む原因ですがここでは私の経験を元にお話しします。

一つは爪をぶつけてしまったりきつい靴を履いていることがきっかけで爪が皮膚に食い込み痛いというケース。

この場合には食い込んでいる爪の部分(意外と鋭かったりする)を専用のネイルニッパーで切り取ると痛みが引く場合もあります。

もう一つがもともと爪が巻きやすく爪を極端に短くしたり角質などが爪周りの皮膚にたまることで爪が巻いてしまうケース。

もともと爪が巻きやすい人というのは爪の両端のくぼみが深い人が多いです。

対処法は一概には言えないのですが一つは【爪を短い切りすぎないこと】です。

人によりますが上から見て爪が指を覆うぐらいは目安です。

また爪の角を落とさないことこれも大切です。

これは予防方法ですので痛みが生じた場合には皮膚科などの専門機関へご相談するのが一番です。

こちらもどうぞ⇒派手な色でもケバくならず品よく決まるネイルサロンの秘密

オマケ

爪が薄い場合爪自体を強くすることが大切ですが爪を強くするには時間がかかります。

またあまりにも爪が薄い場合に対処法として「ベースコート剤」が一番簡単でケアしやすいです。

ご参考にしてくださいね。

こちらもどうぞ⇒派手な色でもケバくならず品よく決まるネイルサロンの秘密

こちらもお勧め⇒【無料】プロネイリストが教える「自宅で今すぐできる上品な指先の作り方・お手入れ方法」