ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店 公式ブログ

ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店の公式ブログ。ネイルサロンが初めてでもわかる記事。マニキュア・ジェル・ケア・フットの情報を初めてでもわかりやすく解説。

【初めてのネイルサロン】マニキュア後の爪黄色になるのを防ぐ方法とは?

ネイルサロン エクラーラ

ネイルサロン エクラーラの山崎です。今日もプロのネイリストの視点からお話します。

マニキュアをした後爪が黄色くなるのはマニキュアの色が爪についてしまう【色素沈着】が原因です。

色素沈着の原因の多くは【ベースコートを塗らない】【除光液で落とす際に爪をこすってしまった】といのがあげられます。

ですのでネイルサロンではマニキュアをする際に必ずベースコートを塗り除光液で落とす際にもこすらないように落とします。

爪のピンクの部分とはネイルベッドといわれる部分ですが深爪しすぎたりして爪の白い部分が多すぎると少し伸ばしただけでも折れてしまう事があります。

ピンクの部分を伸ばすにはネイルサロンですと爪をラウンドに整えたりサイドを残して削るという方法があります。

指の節が太くて困った場合は【先端アート】をすることで視線を関節から爪へ逃がすことができます。

先端ラメが一番やりやすいです。

こちらもどうぞ⇒「爪が綺麗になった!」「指先がキレイなって自信が持てる」と驚く女性が続出。その理由とは?

オマケ

現在では【強化剤入りのベースコート】が売られています。

ネイルサロンによっては【ストレンスナー】【ハードナー】という名前の事も。

ジェルほどではありませんが塗ると爪がしっかりしてきますので「爪がぐにゃっとする」という方にはお勧めです。

私のネイルサロンでも爪が薄い人のために「ハードナ―」入りのベースコートを使う事があります。

ジェルなどで薄くなってしまった人に喜ばれています。

ご参考にしてくださいね。

こちらもどうぞ⇒「サンダルお似合いですね」と言われちゃう特別なネイルサロンとは