ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店 公式ブログ

ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店の公式ブログ。ネイルサロンが初めてでもわかる記事。マニキュア・ジェル・ケア・フットの情報を初めてでもわかりやすく解説。

【初めてのネイルサロン】くすんだ爪をキレイに見せてくれるネイルアイテムの使い方とは7?

ネイルサロン エクラーラ

ネイルサロン エクラーラの山崎です。今日もプロのネイリストの視点からお話します。

ベースコートを塗るのもおススメです。

ベースコートを塗ることで爪にツヤが出たりまた色付きのベースコートですとピンクの程よい色がプラスされますのでくすみがちな爪のいろもキレイに見えます。

爪が痛んでいる場合さらにその上からジェルネイルをして補強するという方法もありますがさらに爪が傷んでしまうことも多く私のネイルサロンではお勧めしてません。

トレスポイント(爪の両端)から割れてしまう場合ですがこれは爪の形をとがらせたり知らずに爪やすりで爪の表面を削ってしまったりするというのが挙げられます。

この場合爪の形を丸みをおびた形する爪の両側を整える際には爪の表面を削らないように気を付けるという方法があります。

爪の先端が欠けてしまう場合爪自体が乾燥していることが挙げられます。

ネイルオイルで保湿するという方法のほかにベースコートなどネイルをして爪を保護するという方法があります。

今では補強剤入りのベースコートも売っていますのでこちらを使うとさらに補強効果が。

爪がしっかりしてくるイメージです。

最近お湯を使わないでジェルネイルだけ爪に塗るネイルサロンが増えてきています。

もちろん爪はキレイになりますが足や爪回りのごみはそのままです。

ネイルお手入という意味ではお湯でふやかしながら行うお手入れがおすすめなんです。

見た目が明らかに「ネイルサロンでお手入れしたキレイな足」になるからです。

また足を温めながら行いますので温かく冷え性の方でも足を冷やさずに済みます。

私のネイルサロンでもフットバスにお湯をはって足を付けながらお手入しますので「足湯みたいできもちい」と喜ばれています。

冬の時期こそネイルサロンに通ってみてはどうでしょうか。

温かいお湯に足をつけることで足も温まりますし足もキレイにすることができます。

こちらもどうぞ⇒寝落ちしてしまうほどの誘惑的なネイルサロン

オマケ

爪は呼吸していません。

爪は皮膚の一部が角化したものですので皮膚が呼吸していないのと同様に爪も呼吸していません。

マニキュア自体は爪への衝撃や乾燥から守ってくれる働きもありますので塗っておくのをおすすめしています。

しかし除光液は使いすぎると爪を乾燥させてしまいますので使い過ぎには注意が必要です。

マニキュアは毎日落とすよりも1週間から10日ほど間を開けて塗り替えるようにすると爪を痛めずキレイに保つことができます。

ご参考にしてくださいね。

こちらもどうぞ⇒予約なしで入れない変なネイルサロンとは

こちらもお勧め⇒【無料】プロネイリストが教える「自宅で今すぐできる上品な指先の作り方・お手入れ方法」