ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店 公式ブログ

ネイルサロン エクラーラ品川・大井町店の公式ブログ。ネイルサロンが初めてでもわかる記事。マニキュア・ジェル・ケア・フットの情報を初めてでもわかりやすく解説。

【初めてのネイルサロン】ささくれ防止に役立つ爪のお手入れのコツとは?

ネイルサロン エクラーラ

ネイルサロン エクラーラの山崎です。今日もプロのネイリストの視点からお話します。

ささくれの一番の原因は乾燥です。

ですのでささくれのできやすい部分を保湿するのが一番効果的です。

ネイルサロンではささくれをニッパーで除去しネイルオイルなどで保湿をします。

ご自宅でも同様にささくれは引っ張らず爪切りなどで切るのがベストです。

取ろうとして傷を深くするのは引っ張ってしまう事が原因と考えられます。

根元から切らなくても引っかかる部分のみ切るという方法もあります。

ささくれができやすい部分の皮膚は巻いていますので引っ張ると皮膚のかなり深いところまで引っ張られてしまいますので注意が必要です。

マニキュアを塗ると気泡ができることがあります。

気泡は「バブル」と言われます。

バブルは必ず出るわけではありませんがネイリスト泣かせの厄介なものです。

バブルの原因はいくつかありますのでご紹介します。

1.「マニキュアの厚塗り」・・・1回に塗る量が厚く塗りすぎるとバブルが出ることがあります。

マニキュアはできるだけ薄く塗るようにします。

もし厚く塗りたい場合には薄く2回塗るところを3回塗るようにするといいですよ。

2.「指の熱」・・・体温が高く指先が熱い場合にバブルが出てしまう場合があります。

この場合「指先を冷やす」という方法があります。

マニキュアを塗った後あらかじめ凍らせておいたペットボトルをタオルでくるみ持つと指先が冷えバブルが出にくくなります。

さらにネイルをキレイに仕上げたい場合にはネイルサロンでネイルケアを受けるのがおススメです。

指先の角質をキレイにすることでマニキュアがにじまずキレイに仕上がるからです。

さらにマニキュアは本来キレイに仕上げるのがムズカシイアイテムです。

ネイルサロンで一気に仕上げた方がマニキュアは断然キレイですしブツブツなどのトラブルも少ないからです。

最近年中ペディキュアをしているおしゃれな女性が増えてきました。

それに合わせて良くいただくお悩みが「どんな色を塗っていいか分からない」というお悩み。

足は手に比べてお肌のくすみや紫外線による日焼けによるダメージが見えやすい箇所でもあります。

ですのでハンドネイルと同じ色を選んだりするとかえって足全体がくすんで見えたりいまいちあか抜けた印象にならないことも。

それではせっかくフットネイルをしてもがっかりですよね。

では足をキレイに見せてあか抜けた印象にしてくれるフットネイルをするにはどうしたらいいでしょうか。

その解決法が「ハンドネイルの色よりもはっきりした色を選ぶ」ということです。

ポイントはには「赤」「青」「黄色」などのくすみのないはっきりした色を選ぶこととです。

逆によくハンドネイルで使われているようないピンクベージュなどの淡い色を塗ってしまうとかえって足全体がくすんで見えてしまう場合もあります。

こちらもどうぞ⇒寝落ちしてしまうほどの誘惑的なネイルサロン

オマケ

ネイルの観点から言うと爪自体は指先の動作(小さいものをつまむなど)を助ける働きをしていますので爪があまり短すぎるのは指先の動作がしずらいのではないかと思います。

しかし爪の長さについては基本的に個人の自由(もちろん常識や法律の範囲内で)というのが私の認識です。

【困っていなければ】そのままでいいのではないでしょうか。

爪について【どう見られているか】についてですが私でしたら短い爪や噛み後のある爪を見ると【ああこの人はこんな癖があるんだな】と思います。

しかしその程度です。

それが【おかしいかどうか】は人によると思いますよ。

ご参考にしてくださいね。

こちらもどうぞ⇒マニキュアだらけの変なネイルサロンとは?

こちらもお勧め⇒【無料】プロネイリストが教える「自宅で今すぐできる上品な指先の作り方・お手入れ方法」