ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

なるほど!自分でしたネイルを上手に持たせる方法

ネイルサロン エクラーラ

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。今日は「塗ったマニキュアを長く持たせられない」というお悩みの解決法をお教えします。マニキュアを長く持たせられない原因はいくつかありますが、今回は「塗る前の下準備」をメインにお話したいと思います。

 

 

まず、マニキュアというのは塗った後、固まると爪にくっつき、あたかも一体化したように見えますよね。しかし、固まった時に爪にしっかりくっつかないと、マニキュアが取れやすくなってしまう場合があるんです。

 

 

その原因の一つが「油分」です。お肌と同様、爪にもわずかですが油分があります。そしてクリームなどを手に塗ったりすることで、爪には思っている以上に油分がついていたりします。

 

 

その上にマニキュアを塗ると、油分の上にマニキュアを塗っていることになり、結果として固まった時に爪にしっかりくっつかないことがあるんです。つまりこういうことです

 

 

爪の上に油分が残っている⇒マニキュアを塗る⇒油分が邪魔をする⇒乾いた時に爪にしっかりくっつかない⇒取れやすくなる

 

という訳です。

 

といってもクリームは必需品ですし、マニキュアを長持ちさせたいですよね。ではどうすればよいか?

 

その解決法は「アルコール入りのウェットティッシュ」なのです。

 

 

ポイントは、アルコール入りということです。マニキュアを塗る前に爪をエタノール入りのウェットティッシュでふき取ることで爪表面の油分を取ることができます。

 

 

確かにノンアルコールのウェットティッシュでもいいですが、アルコール入りのウェットティッシュには劣ります。マニキュアを塗る前にささっとふくだけなので簡単ですし、便利ですよね。

 

 

ただしこの方法は短かったマニキュアの耐久日数をほんのわずか伸ばす、という小手先の手法にすぎません。つまり1日ですぐはがれてしまう、という方が数日持たせるための方法です。

 

 

1週間や10日持たせるのはちょっと難しいです。というのもマニキュアがすぐにはがれてしまう、という場合多くは爪の上に角質があることが原因だからです。

 

 

マニキュアは爪の上では長持ちしますが、皮膚の上に塗ってもすぐにとれてしまうのです。

 

 

つまり爪の角質の上にマニキュアを塗っていることになりますので、マニキュアをいくらキレイに塗れてもこれではすぐにはがれてしまいます。

 

 

そこで私は「爪の上の角質を取ってくれる」ネイルサロンに行かれることをお薦めします。これなら、マニキュアがはがれやすい甘皮周りもキレイに角質が取れますので塗ったマニキュアがはがれにくいです。また爪もキレイになりますのでお得ではないでしょうか?

 

 

マニキュアを定期的に塗り替えている方こそ、月に1回でもネイルサロンに行き、爪の角質を取ってもらうことで、常に美しいネイルと指先をキープできると思います。

なお爪に色を塗らなくても指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。