ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ブーツや良く履く靴は臭いがこもります。臭いがこもりにくい靴ってあるのでしょうか??

お悩み内容
ブーツや良く履く靴は臭いがこもります。臭いがこもりにくい靴ってあるのでしょうか??

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
靴底が革製のものですと、プラスチック製に比べて通気性が良くなりますので。靴の中の湿度が下がって結果として臭いがこもりにくくなります。ですが。いくら革靴とはいっても、一日以上休ませて乾かすのが大切です

 

靴が臭う原因とは?

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

ブーツや良く履く靴の臭いでお悩みですね。

 

まずブーツや靴の臭いの原因ですが、臭いの原因は以下のことなんです。


・湿度
・雑菌
・栄養(汗や皮脂)


この3つの条件がそろうと、ブーツを脱いだ時に「ちょっと気になる・・・・」となるわけです。


一番簡単な方法は、【臭いにくいブーツや靴を選ぶ】という事ですので、ここでは靴の選び方についてご紹介します。

それが「靴底が革製のブーツを選ぶ」ということ。

 

靴底が革製のブーツは靴底がプラスチックやゴム製に比べて通気性が良く、結果として臭いの原因となる湿気がこもりにくくなります。ですので、臭いの原因となる湿度がひくくなりますので、臭いがこもりにくくなるという事です。

 

 

もちろん、ほかのコラムでも書いたように毎日履いていては臭ってしまいますので最低1日は休ませる、という方法を併用して行うのがおススメです。

 

靴底がゴム製の靴は雨の日などに重宝します。ですのでTPOやその時の天候に合わせて使い分けるのがベストです。

なお足爪のお手入で気になる足の匂いを抑えるネイルの方法もあります。詳しくはこちらを押してください。