ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

クリームを塗っても手の乾燥が改善しません。水仕事が多いからだと思うのですが・・・

お悩み内容
クリームを塗っても手の乾燥が改善しません。水仕事が多いからだと思うのですが・・・

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
手や指先が乾燥している状態というのは「手や指先の潤い」が足りなくなっている状態です。手や指先が乾燥する原因の一つが「水に触れたとき」です。少しでも潤い逃がさないようにするにために大切なのが「手を洗った後、しっかり水滴をふき取る」ということ。「水滴まで残らずキレイにふき取る」ということです。それでも乾燥が改善しない場合、指先が固くなっていたり、乾燥している場合、多くは指先に余分な角質が蓄積されいることも。手の乾燥や乾燥によるひび割れを防ぐためには「たまりやすい指先の角質ケア」が必要となってきます。

 

手を洗った後、しっかり水滴をふき取ることが大切

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

クリームを塗っても手が乾燥する、というお悩みですね。

 

まず、手や指先が乾燥している状態というのは「手や指先の潤い」が足りなくなっている状態です。この「潤い」がなくなると、手や指先は乾燥してきます。


手や指先が乾燥する原因の一つが「水に触れたとき」です。水に触れる機会は一日何度もありますが、一番多いのが【手を洗う時】だと思います。

 

手を洗ったりすると、指先の潤いも一緒に流れてしまいます。少しでも潤い逃がさないようにするにために大切なのが「手を洗った後、しっかり水滴をふき取る」ということ。

 

ポイントは、手の水けを何となくふき取るのではなく、「水滴まで残らずキレイにふき取る」ということです。


手に水がついた状態で放置しておくと、そのうち乾きますがそのときに、お肌の保湿成分まで一緒に奪ってしまうからです。


ですので、手を洗ったり、水仕事をした後は、しっかり手の水分を拭き取るようにする、そして1日数回は保湿を心がける。これだけでもお肌の乾燥はかなり改善されると思います。

 

それでも指先の乾燥が改善しない場合には・・・

それでも乾燥が改善しない場合、指先が固くなっていたり、乾燥している場合、多くは指先に余分な角質が蓄積されいることも。


この角質が乾燥し、結果として指先が固くなったり、悪化するとひび割れたりする場合があります。


ですので手の乾燥や乾燥によるひび割れを防ぐためには「たまりやすい指先の角質ケア」が必要となってきます。

 

ネイルサロンでは【ネイルケア】をするときにニッパーを使って指先の角質も一緒にケアします。ご自宅では、ニッパーを使って角質をケアするのは難しいと思いますので、爪やすりを使う方法があります。

 

爪やすりで角質の硬い部分だけを撫でで削る、という方法です

 

やりすぎると肌を傷つけてしまう場合がありますので、様子を見ながら慎重に行うことが大切です。また必ず保湿もセットで行うようにしてください。

なお一日に何度もクリームを塗らなくても艶のある指先にする方法があります。詳しくはこちらを押してください。