ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

最近マニキュアに目覚めました。クリーミーといいますか、ピンクに白色を混ぜたような不透明なまったりとした色合いのマニキュアを塗りたくて色々試しています。 ですが、ハケのスジがびしびし付いて、色がムラになってしまいます。

お悩み内容
最近マニキュアに目覚めました。クリーミーといいますか、ピンクに白色を混ぜたような不透明なまったりとした色合いのマニキュアを塗りたくて色々試しています。 ですが、ハケのスジがびしびし付いて、色がムラになってしまいます。 ベースコートを塗って、マニキュアを2度塗りしています。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
パールやラメが入っていないピンクベージュや白っぽい色はハケ跡がつきやすい難しい色でもあります。 ポイントは筆圧を軽く、ふんわり塗るとうまくいきます。

 

白っぽいピンクは塗るのが難しい色

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

マニキュアがうまく塗れない、というご相談ですね。

 

パールやラメが入っていないピンクベージュや白っぽい色はハケ跡がつきやすい難しい色でもあります。

 

ネイリストの間でもこのような色を塗る際には、マニキュアのコンディションや 爪表面の状態(凹凸を少なくする)を念入りにチェックします。

 

このような色をキレイに塗るためのポイントは筆圧を軽く、ふんわり塗る ということです。 

 

 

マジックでぎゅうぎゅう字を書くように塗ると、筆の跡がついてしまい、ムラになってしまいます。

 

ハケが爪に触れているか、触れてないかぐらいのイメージで マニキュアを引きずるように塗るとキレイにぬれますよ。 塗った直後は1分ぐらい様子を見てください。

 

 

表面張力でムラが改善される場合もあります。最後にトップコートを塗って仕上げます。

なお爪に色を塗らなくても指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。