ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

足の親指爪が丸くなり皮膚に食い込んできました。自分でできる対処法はありますか?

【無料】ネイルとエステのプロが「綺麗な指先・手足にする方法」教えます

あなたはご自分の指先・手足を綺麗に育てる方法を無料で知りたくありませんか?プロのネイリスト・エステティシャンが「簡単にできる」とっておきの方法をメールでお教えします。今なら先着300名に特別レポート「硬くなった指先・割れる爪・シワを改善する3つの方法」も無料プレゼント。お申込はメールアドレス入力してボタンを押すだけ。無料です。ご登録は今すぐ。

メールアドレス入力


お悩み内容
足の親指爪が丸くなり皮膚に食い込んできました。自分でできる対処法はありますか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
足の爪が巻いてしまう原因は様々です。予防策としては、爪を短くしすぎない、角を落としすぎない、があります。また痛みが生じたり皮膚が傷ついている場合には皮膚科などの専門機関へご相談ください。

 

爪が巻いてしまうのを防ぐには

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

足の親指の爪についてのご相談ですね。

 

実際に拝見したわけではないので、いただいた相談内容に基づいてお話ししたいと思います。

 

まず、丸くなるということですが皮膚にくいこんでいる、ということですので爪が巻いて皮膚に食い込んでいる、ということではないかと思います。

 

私のお店でも【親指の爪が食い込んで痛い】という方がいらっしゃいます。

 

 

もし痛みが生じたり、また皮膚が傷ついている場合には皮膚科などの専門機関へご相談するのがおススメです。

 

爪が皮膚に食い込む原因ですが、ここでは私の経験を元にお話しします。

 

 

一つは爪をぶつけてしまったり、きつい靴を履いていることがきっかけで爪が皮膚に食い込み、痛いというケース。

 

 

この場合には食い込んでいる爪の部分(意外と鋭かったりする)を専用のネイルニッパーで切り取ると痛みが引く場合もあります。

 

もう一つがもともと爪が巻きやすく、爪を極端に短くしたり、角質などが爪周りの皮膚にたまることで爪が巻いてしまうケース。

 

もともと爪が巻きやすい人というのは、爪の両端のくぼみが深い人が多いです。

 

 

対処法は一概には言えないのですが、一つは【爪を短い切りすぎないこと】です。人によりますが、上から見て爪が指を覆うぐらいは目安です。

 

また爪の角を落とさないこと、これも大切です。これは予防方法ですので、痛みが生じた場合には皮膚科などの専門機関へご相談するのが一番です。

 なお気になる足の爪をフットケアでキレイにお手入れするという方法もあります。 詳しくはこちらを押してください。