ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

乾燥して指先が固くなります。指先を柔らかくする方法を知りたいです。

 

お悩み内容
乾燥して指先が固くなります。指先を柔らかくする方法を知りたいです。

 

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
角化してしまった角質を「スポンジファイル」でお手入れするという方法があります。最後は必ず保湿をします。

 

カチカチになってしまった皮膚を柔らかくするには?

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

硬くなった指先でお悩みですね。

 

寒く乾燥する時期になると指先が固くなることがあります。

 

お風呂に入ったあとに指先を触ってみるとわかりやすいのですが、こういう場合固くない部分よりも皮膚の皮が厚くなっています。

 

角質がたまり、乾燥しカチカチの状態になるとハンドクリームを塗ってもなかなかしみ込みません。

 

 

私のサロンではカチカチに硬くなってしまっている場合、ニッパーなどで角化している部分をきれいにお手入れします。

 

ご自宅ではガチガチに角化して硬くなっている部分を削る、という方法があります。それが「スポンジファイル」を使った方法です。

 

スポンジファイルは本来爪表面を削ったりするものです。角化している角質の部分を優しく撫でる、という使い方もあります。

 

ポイントは「優しく撫でること」。やりすぎはNGです。またスポンジの目の粗さは細かいほうがいいです。220~240グリッドがベスト。

 

終わったから必ずクリームで保湿しましょう。これが意外に大切です。

 

また角質は必要ですのである程度硬い部分は残しておく方がいいです。角化した角質以外の部分を取りすぎるとかえって皮膚が硬くなってしまいます。

 

 

「もうちょっと削りたい」というぐらいでやめておくのがベスト。

様子を見ながら行うのが大切です。

 

なおすでにガチガチになってしまった角質を柔らかくして、できないように予防する、という方法があります。詳しくはこちらを押してください。

-----