ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪の白い部分を爪切りで切ってしまいます。少しでも残っていると全部切ってしまいますが、これって深爪になりますか?

お悩み内容
爪の白い部分を爪切りで切ってしまいます。少しでも残っていると全部切ってしまいますが、これって深爪になりますか?

 

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
市販の爪切りで白い部分をすべて切るのはあまりお勧めしません。爪の白い部分を1~2ミリ残してあとは爪やすりで優しく整えるのがおススメです。

 

フリーエッジは残して切るのがベスト

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

深爪のお悩みですね。

 

私の経験上、市販の爪切りで爪の先端の白い部分(フリーエッジ)をすべて切ってしまうのはおすすめしません。

 

爪は皮膚とくっついていますが、フリーエッジぎりぎりまで切る際に、指に爪切りをぐいっと押し当てて切ることで爪と指の間に圧力がかかるからです。

 

この爪切りを指先に「グイッと押し当てる」部分。これは指先の「指尖」と呼ばれています。この部分を押すことで伸びすぎたハイポにキウムが下がってくるといわれています。

 

ハイポニキウムとは爪を皮膚を固定している部分。これが下がっていくと爪の白い部分が下がっていきます。いわゆる深爪です。

 

私の周りは白い部分を切ってしまっていても深爪になっていない人もいますので一概には言えませんが、あまりお勧めしません。

 

おススメはフリーエッジを1~2ミリ残して爪を切る、という方法です。また仕事柄爪を伸ばせない場合にも、ある程度までフリーエッジを切ったらあとは爪やすりで優しく整えてみてはどうでしょうか?

 

爪と指の間にはハイポニキウムといって、この二つをくっつけている部分があります。ハイポニキウムには神経もありますし、血管も通っています。

 

 

うっかり切ると血が出ますしとても痛いです。この部分を傷つけないためにも、爪を切るさいには慎重に、かつ丁寧に行う必要があります。

なお深爪しないように爪を削る、という方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

-----