ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪の周りの皮膚がカチカチに固くなっています。皮膚を柔らかくするにはどんなお手入れがいいでしょうか?

お悩み内容
爪の周りの皮膚がカチカチに固くなっています。皮膚を柔らかくするにはどんなお手入れがいいでしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪の周りの皮膚が硬くなる原因の一つとして【冷え】があります。冷え性対策として手袋をしておくのがおススメです。手袋は保湿対策としても効果的です。

 

指先の硬い角質、ネイルケアでキレイに柔らかく

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

爪の周りの皮膚が硬くなってしまう、というお悩みですね。

 

爪の周りの皮膚が硬くなる原因の一つとして【指先の冷え】があります。指先は心臓から遠く、冷えやすい部分でもあります。

 

冷えることで指先のお肌の新陳代謝(ターンオーバー)が滞り、角質がたまってきます。そこに乾燥などが加わると皮膚の部分が硬くなってしまうといわれています。

 

 

このスパイラルを防ぐために、まずは指先を冷やさないようにする、という方法があります。

 

指先を冷やさないようにする簡単な方法に手袋があります。

 

外出時に手袋は外出先での指先の冷え対策におススメです。冬には革の手袋をすると本当に暖かいですし、重いスーパーの袋を持ったりしても丈夫です。

 

また春にはコットンの手袋ですと汗をかいても大丈夫です。コットン手袋をする際にはハンドクリームを塗ってからはめるとしっとりしていいですよ。

 

手袋は冷え性対策のほかに、保湿対策にもなります。さらに春や夏では紫外線対策にも。

 

さらに、また水仕事の際に水仕事用の手袋を、調理の際には調理用の手袋をするという方法も。

指先の冷え性対策としての手袋は乾燥対策にもなりますので是非試してみてください。

 

本来であれば指先の硬い部分はネイルサロンでお手入れするのがお肌のためには一番いいです。いくらクリームを塗ったり、指先を温めたりしても硬くカチカチに(角化)してしまった角質はなくならないからです。

 

 

私でしたら、指先が固くなって来たりささくれができてきたらネイルサロンでネイルケアを受けます。月に1回、ネイルケアを受けることでキレイで健康的な指先を維持することができます。

 

私がやっているネイルサロンでは、カチカチになってしまった角質や甘皮周りの角質をやわらかくキレイにするお手入れにこだわっています。

 

指先の硬い角質をキレイにするだけではなくネイルがキレイに映える手や指の関節をお手入れするお手入れメニューをご用意しています。いつものネイルがぐっと映えますので喜ばれています。詳しくはこちらを押してください。