ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

指先の硬い角質をどうにかしたいです。簡単にできる予防方法やお手入れ方法を知りたいです。

お悩み内容
指先の硬い角質をどうにかしたいです。簡単にできる予防方法やお手入れ方法を知りたいです。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
先を保湿することと、指先の冷えを改善する、ということが大切です。

 

指先の硬い角質 予防は手袋でできる?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。


指先の硬い角質をどうにかしたい、というお悩みですね。

 

まず、指先の硬い角質の原因からお話しします。様々な原因があるようですが、主なものとしては、

・指先の乾燥
・血流不足
・血流不足による新陳代謝の低下

 

があると言われています。これを一連の流れにすると、

血流不足により新陳代謝が低下。
お肌のターンオーバーが滞ることで角質がたまりやすくなる。

 

そこに水仕事等による指先の乾燥が起こり、角質の潤いが少なって角化しカチカチなる、という具合です。


このプロセスをみると、結局指先を保湿することと、指先の冷えを改善する、というのが大切になってくるのがわかります。


指先の乾燥を防ぐ簡単な方法としてハンドクリームで保湿をするという方法があります。なんとなく付けているだけでは保湿できませんので、。指先までしっかりクリームを塗りこむということが大切です。

後は指先の冷え、ということですが簡単にできる方法があります。それが【手袋をする】という方法です。手はもともと心臓から遠いために冷えやすいといわれているんですね。


手袋をすることで手の冷えを予防できるほか、実は保湿対策にもなるんです。冬は革の手袋が暖かいですし、丈夫ですのでスーパーの袋なんかを持っても全然平気ですよ。今では安くてもいい手袋がたくさん売られていますので、洋服に合わせて手袋を変えてても楽しいです。


春はコットンの手袋をしたり、夏はUVカットの手袋をしたり、そうやって手袋をうまく使うとキレイな指先をキープすることができるのではないでしょうか? 

なおネイルサロンではこのように硬くなってしまった角質をキレイにお手入れするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。