ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

マニキュアの蓋についているブラシは短いものもあり、瓶の底に届かなくてマニキュアが無駄になってしまうような気がします。こんな時にはどうしたらいいでしょうか?

お悩み内容
マニキュアの蓋についているブラシは短いものもあり、瓶の底に届かなくてマニキュアが無駄になってしまうような気がします。こんな時にはどうしたらいいでしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
使いづらい筆の場合には、別のブランドのマニキュアの蓋を取って使うという方法があります。

 

少なくなったマニキュアを使い切るには?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

マニキュアのブラシについてのご相談ですね。

 

ブランドによってブラシの硬さや長さは微妙に違います。使いづらいものもありますが、好みによるところが大きい場合もあります。

 

私の場合、自分が使いやすいメーカーの空ボトルを使って、そこにマニキュアを移し替える、という方法をします。

移し替えをしなくても、 そのブランドの空ボトルを持っていますので、そちらについているブラシを使ってもいいと思いますよ。

 

 

 

筆についたマニキュアをとるのが面倒であれば、そのブランドのトップコートを買ったりして、そのマニキュアを使う際にそのハケを使ってもいいと思います(トップコートは透明なので)。

 

使った後はティッシュに除光液を含ませ、筆についたマニキュアをキレイに拭きとります。

 

ビンの底にたまったマニキュアを使う際には瓶を傾けて筆にマニキュアをしみこませるという方法もあります。

 

しかし、ネイルサロンでは最後の一滴までマニキュアを使い切る、ということはほとんどないです。あまりにも残りが少ないとビンの中で揮発したりして、マニキュア自体がドロドロになってしまうからです。

 

この場合には新しいマニキュアを買ってきて足したり、買い替えたりします。

なお塗ったマニキュアをキレイに保つ方法があります。詳しくはこちらを押してください。