ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

マニキュアやペディキュアは爪に負担がかかりますか?何もつけないで爪を休める期間が必要ですか?

お悩み内容
マニキュアやペディキュアは爪に負担がかかりますか?何もつけないで爪を休める期間が必要ですか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
塗り替える際の除光液が爪を乾燥させることがあります。また爪が乾燥してきたら爪を休ませる期間をとり、乾燥した爪はネイルオイルで保湿します。

 

除光液が爪を乾燥させることも

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

マニキュアやペディキュアは爪に負担がかかるか、というご相談ですね。

 

マニキュアやペディキュアを塗りかえる際に除光液で落としていきます。この除光液が爪を乾燥させる原因になることがあります。

 

マニキュアやペディキュアを塗り替える期間を長くすることで爪の乾燥を予防することができます。

 

マニキュアでしたら少なくても1週間~10日、ペディキュアでしたら約1か月ほどがおススメの塗り替え周期です。

 

また爪が乾燥してきたら爪を休ませる期間をとるのもいいと思います。爪が休む期間はネイルオイルを塗ったりして爪に保湿をするお手入れがおススメです。また爪が薄い、というお悩みの場合には上からベースコートを塗るという方法もあります。

 

なお気になる痛んだお爪をネイルケアでキレイにするという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。