ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

マニキュアのラインストーンを上手につける方法とは?

お悩み内容
ラインストーンを付けようとするのですがトップコートを塗り乾く前にストーンを置くとストーンが落ちてしまいます。接着剤ですと付けた部分が白くなってしまい、キレイに仕上がりません。仕上がりがキレイで接着度が強いラインストーンの付け方を教えて下さい。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
接着剤の量が多すぎる、可能性があります。接着剤の量を減らしてみてはどうでしょうか?最後はトップコートを塗って仕上げます。

 

接着剤は多いとはみ出て汚らしく見えてしまうことも

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ラインストーンをキレイにつけたい、というご相談ですね。

 

ラインストーンとは爪にくっつけるキラキラしたストーンのことです。

 

ネイルアートのワンポイントなどにつけることでとてもキレイに仕上がります。相談者さんのおっしゃる通り、接着剤の方がくっつく力は強いです。

 

ですので、強くくっつけたい場合には接着剤がおススメです。

 

接着剤を付けるとつけた部分が白くなってしまうとのことですが、原因の一つとしては接着剤の量が多すぎる、という事が考えられます。

 

接着剤の量が多すぎると、ラインストーンからはみ出てしまい、せっかくキレイに塗ったネイルが汚らしく見えてしまうことも。 

 

爪用の接着材を使う場合、ラインストーンを載せる場所に接着剤を1滴たらし、ラインストーンを置いていきます。

 

置いた時にピンセットのさ先で強めにラインストーンをうえから押さえます(強すぎるとヨレますので注意)。

 

また爪用の接着剤ですと固まったときに透明になるものがほとんどですので、白くなる、というのはもしかしたら爪用の接着剤でない可能性もあります。

 

もし爪用の接着剤を使っていない場合には爪用の接着剤を使ってみるのもおススメです。

 

最後はトップコートを全体に塗って仕上げます。

ラインストーンを載せたときにははがれを防ぐために、数回トップコートを重ね塗りします。

 

手や指先ををキレイにしたいあなたへ・・・プロの技術であなたの指先をキレイにしてみませんか?詳しくはこちらを押してください。