ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

マニキュアをすると爪が割れたりするのはなぜ?

お悩み内容
二枚爪になったり、縦に割れたり、スジが入っているのが悩みです。マニキュアをするとひどくなるように思います。

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
マニキュアを出来るだけもたせ、塗りかえる回数を減らすことが大切です。

 

頻繁にネイルを塗り替えをすると爪が乾燥し割れることも

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

マニキュアをすると爪が二枚爪になったり縦に割れたりするというお悩みですね。

結論から言うと、マニキュアと二枚爪は関係があります。

 

カギは【除光液】です。

 

除光液には爪や皮膚を乾燥させる成分が入っているからです。

 

使い過ぎることで爪が乾燥し結果として二枚爪になったり、縦に割れたりしまいますので使いすぎないことが実は大切なんですよ。

使いすぎることで爪が乾燥し、爪が割れやすくなってしまうからです。

 

では除光液を出来るだけ使わないようにするにはどうしたらいいでしょうか?

それには【マニキュアを出来るだけ持たせる】という事が大切になってきます。

 

マニキュアを持たせることで除光液を使う周期が長くなり、結果として爪が乾燥せずに済むからです。

 

3日おきにマニキュアを塗り替える人がいますが、理想は10日~2週間程度の塗り替えが理想です。

 

少なくても1週間は塗り替えるのを控えて出来るだけネイルを持たせるようにするとキレイな爪をキープできます。

なお乾燥が気になる爪をネイルケアでキレイにお手入するという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。