ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

ショッピングで足が痛い・・・ショッピングで足が痛くならない靴の選び方は?

人気記事
お悩み内容
ヒール3cm位のパンプスをよく履きます。時々ショッピングで一日歩くと、足(特に親指の爪)が痛くてしょうがないです。痛くならない方法はありますか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
ヒールが細くなればなるほど装飾性が高くなりますが不安定に。長時間歩く場合にはヒールの太い靴がおススメです。

 

長時間履いていても痛くなりにくい靴の選び方とは?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ヒールを履いて長時間歩くと足が痛くなる、というご相談ですね。 

今回は靴、ヒール好きでかつ数々の失敗をしてきた私の経験からお話しさせていただきます。

 

結論から言うと長時間歩く場合に靴で私がおススメする靴の特徴は以下の通りです。

 

1.ヒールの太い靴を選ぶ

2.靴の先は細くないものや足の指に合ったものを選ぶ

3.はき口が深いものを選ぶ

 

この3点です。

まず1ですが、太いヒールは安定していますので長時間の歩行には適しています。

逆に細いヒールは不安定なので、それだけ足に負担がかかります。場合によっては痛みが出る場合も。

 

逆に太いヒールであれば、多少ヒールの高さがあっても安定していますので長時間履いていても疲れにくいです。

 

次に2ですが、靴のつま先の形は丸や長方形、もしくはご自身の指の形に合っているものがおススメです。

 

例えば親指が一番長い足の場合、先端のとがった靴は明らかに足の指の形と合っていませんよね。こういう靴を長時間履いて歩くと当然ですが足に痛みが出ます。

 

逆に長方形や丸型の靴の形でしたら、足の指の形と合っているので、それほど足に負担はかかりません。

 

最後に3の靴についてですが、これは安定性から見るとはき口が深い靴の方か疲れにくいです。履き口が深いとしっかりと足全体を靴が包み込むので、歩いているうちにパカパカ脱げたり、靴の中で足が動いたりすることがないからです。

 

逆におススメしないのが「ミュール型」の靴。こういう靴ですと甲の一部とかかとの一部だけで靴と足を固定しているので不安定となり、足に負担がかかります。

 

以上3点ご紹介しましたが、最後にネイルサロンでフットネイルを受けてみるという方法もご紹介させていただきます。

 

なぜネイルサロンのフットネイルがおススメなのか、というと「爪を正しい長さにできる」からです。

 

実は足爪の長さと靴のサイズってすっごく関係があるんです。

 

足爪が伸びていてそのままにしておくと、靴がきつくなってきます。

 

そのまま靴を履いて長時間歩くと当然爪の先が靴の中に当たって、痛みが生じます。

定期的にネイルサロンで足爪をお手入れすることで、快適に靴を楽しむことができますよ。

是非一度お試しくださいね!

「爪が綺麗になった!」「指先がキレイなって自信が持てる」と驚く女性が続出。その理由とは?ヒントは【角質+ケア】です。詳しくはこちらを押してください。