ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

なるほど!自分で塗ったジェルネイルを長持ちさせる方法

ネイルサロン エクラーラ

 

大井町ネイルサロンエクラーラの山崎です。今日は「ジェルネイルをしても爪先からはがれてします」というお悩みの解決法をお教えします。原因はいくつかあるのですが「ジェルネイルをする前の下準備」をメインにお話したいと思います。

 

 

まず、ジェルネイルとはアメ状のジェルを爪の上に乗せ、専用のライトにあてることでアメ状のジェルが硬く硬化するものです。

 

 

ジェルがあれほど頑丈に爪にくっついていられるのは、爪の凹凸にジェルがしっかりかみ合っているからです。

 

 

逆に言うと、ジェルが爪としっかりかみ合っていない場合、ちょっとした衝撃で簡単にジェルははがれてしまう場合もあります。

 

ジェルが爪としっかりかみわせるにはどうしたらいいでしょうか?

 

 

その解決法は「爪を削ったとき、バリ(削り残り)が残らないように削る」なのです。

 

 

バリとは削った後の爪に時々ついてくる「白い皮」みたいなものです。バリを残しておくと爪先にジェルがしっかりくっつかず、結果としてジェルが爪先からはがれやすくなってしまう場合があります。

 

 

バリが残っていると、見た目も悪いですし、ジェルも塗りにくいです。塗ってから数日ではがれてしまう場合、爪先端の下準備に問題がある場合があります。

 

 

ただしバリを残らないように爪を削るのはちょっと難しいです。爪の形を美しく、そしてジェルが長持ちするように削るのを極めるには、ネイルスクールで教えてくれるぐらいの技術が必要となります。

 

 

高価なジェルキットを買って、結局使わななくなってしまった・・・という方も多いのは、実はジェルを塗る以前の「下準備」が結構難しかったりするからなんです。

 

 

そこで私は「丁寧なネイルケアをしてくれる」ネイルサロンに行かれることをお薦めします。

 

 

ネイルケアとは多くのネイルサロンでジェルネイルをする前に下準備として行われているメニューです。これなら、爪を削るために時間をかける必要もありませんし、爪もキレイになりますのでお得ではないでしょうか?

 

 

自分でジェルをする方こそ、定期的にネイルサロンに行って指先をお手入れすることで周りの人からビックリされるぐらいの美しいネイルを維持することができると思います。

なおジェルネイルを塗らなくても指先をキレイに見せるネイルの方法もあります。詳しくはこちらを押してください。