ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイル・エステ・おしゃれで毎日が10倍楽しくなるブログ

ネイルサロン銀座エクラーラの公式ブログです。ネイルサロンを10倍楽しむ方法、エステや美容や靴のことなど書いてます。

ネイルアートをしたいのですが、爪を伸ばしても爪が薄くて すぐ割れてしまって伸ばせません。 爪が薄い場合はつけ爪にするしかないのでしょうか?爪を丈夫にする方法ってありますか?

お悩み内容
ネイルアートをしたいのですが、爪を伸ばしても爪が薄くて すぐ割れてしまって伸ばせません。 爪が薄い場合はつけ爪にするしかないのでしょうか?爪を丈夫にする方法ってありますか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪を割れずに伸ばす方法はいくつかありますが、一番簡単な方法は爪を保護するベースコートなどを何層か塗っておくことです。 また爪を削る際に爪表面を削っている場合があり、この場合は割れやすくなります。ネイルチップなどを両面テープで張り付けるつけ爪であれば簡単にでき、週末に楽しみたい、という方におススメです。

 

爪が薄くて伸ばせない本当の理由

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

ネイルアートをしたいけれど、爪が薄くて伸ばせないというお悩みですね。

 

まず爪を割れずに伸ばす方法はいくつもあります。 意外多いのが、自分ではもともと爪が薄くそのせいで割れやすいと思っていた、実は原因が別にあった、というケース。

 

 

例えば、爪の使い方に問題があったり、また 自分で削る際に誤って爪表面を削っていて、その部分が割れやすくなっている場合があります。

 

ネイルサロンではカウンセリングをして、爪が薄い場合には補強する方法や、保湿が足りない場合には保湿、爪が割れにくくなる爪の削り方、必要によってはジェルネイルでコーティングするなど、その方の生活習慣にあったメニューをすることができます。

 

 ご自宅で行う場合に一番簡単のがベースコートを爪に塗っておくことです。何層か塗っておくことで、爪を衝撃から守ってくれます。

 

また爪を爪やすりで削る際は、爪の表面を削らないようにすることが大切です。 特に爪の両端は巻いている場合が多いので、爪の両端の皮膚をしっかり押し下げながら削ります。

 

ネイルアートについては、爪が薄いということであるので ジェルネイルはあまりお勧めしません。さらに爪が薄くなってしまう可能性があるからです。

 

爪が薄い方に人気なのがマニキュア。マニキュアは爪を薄くすることはありませんし、手軽にできるのが人気の理由です。しかしマニキュアでネイルアートをする場合も、頻繁に塗り替える寄りは10日に1回程度塗り替えがベスト。

 

ネイルチップを両面テープで張り付ける【つけ爪】であれば、比較的爪を傷めないです。 両面テープは接着剤に比べて剥がすときにも簡単にはがすことができます(とはいっても慎重にはがすのがベストです)。

なお爪の形や削り方を工夫することで指先をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

 スペシャル