ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

足の親指が巻き爪で肉に食い込んで痛いんです。ちょっとがまんして、食い込む所よりももっと爪を伸ばしてしまうと痛みは多少和らぐのですが、今度は爪を引っかけて剥げそうで怖いんです。

【無料】ネイルとエステのプロが「綺麗な指先・手足にする方法」教えます

あなたはご自分の指先・手足を綺麗に育てる方法を無料で知りたくありませんか?プロのネイリスト・エステティシャンが「簡単にできる」とっておきの方法をメールでお教えします。今なら先着300名に特別レポート「硬くなった指先・割れる爪・シワを改善する3つの方法」も無料プレゼント。お申込はメールアドレス入力してボタンを押すだけ。無料です。ご登録は今すぐ。

メールアドレス入力


お悩み内容
足の親指が巻き爪で肉に食い込んで痛いんです。ちょっとがまんして、食い込む所よりももっと爪を伸ばしてしまうと痛みは多少和らぐのですが、今度は爪を引っかけて剥げそうで怖いんです。切ってしまうと、また伸びてくるときに食い込んで、赤く炎症を起こしたようになり、ちょっとふれるだけですごく痛みを感じます。左足の親指だけなのですが、何か対策とか、治療法とかあるのでしょうか?

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
陥入爪の対策としては、「深爪しすぎない」といことが大切です。足爪の理想的な長さは「足の指と同じ」もしくは「上から見たときに足の指が隠れる程度」といわれています。また爪の形は四角い「スクエアオフ」がおススメです。爪を伸ばすとひっかけてしまう、とのことですが爪の角の部分をほんの少しだけ削るか爪切りで切ってみてはどうでしょうか?食い込んでしまった爪の角を切るには専用のニッパーのほうがキレイに切れることもあります。

 

ついつい深爪してしまうのは・・・・

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みにお答えします。

足爪が皮膚に食い込んで痛い、というご相談ですね。

 

私の経験ですが、まず皮膚が腫れている場合には皮膚科にご相談する、という方法がおススメです。

 

私も一度経験あるのですが、爪が皮膚に食い込んでしまいしばらく痛みが引かなかったことがあります。

 

このときはかなり悪化していたので処方された抗生物質の薬をしばらく服用していましたす。

 

ネイルの観点から言うと、深爪しないことが大切です。

 

足爪の理想的な長さは「足の指と同じ」もしくは「上から見たときに足の指が隠れる程度」といわれています。

 

また爪の形は四角い「スクエアオフ」がおススメです。

 

爪を伸ばすとひっかけてしまう、とのことですが爪の角の部分をほんの少しだけ削るか爪切りで切ってみてはどうでしょうか?

 

またよくあるのが「食い込んでしまった爪の部分を切ろうとして、深爪してしまう」ケースです。

 

通常の爪切りでは爪が食い込んでいる角は刃が届きにくいです。

 

ですので専用の爪切りニッパーを使う、という方法もあります。

なお足の爪に色を塗らなくても足をキレイに見せるという方法もあります。詳しくはこちらを押してください。