ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

爪が反りかえる、いわゆるそり爪です。いろいろなものに引っかかるし、見た目も気になります。そり爪を改善する方法を知りたいです。

人気記事
お悩み内容
爪が反りかえる、いわゆるそり爪です。いろいろなものに引っかかるし、見た目も気になります。そり爪を改善する方法を知りたいです。

 

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪の両端を切りすぎないようにします。爪の形はスクエアか緩やかな丸形がおススメです。とくに足の爪はそり爪だと切りすぎてしまう傾向があります。深爪しないよう、爪の白い部分を1~2ミリ残すようにしてください。

 

まずは爪の形をチェックしてみてはどうでしょうか?

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

反り爪のお悩みですね。

 

反り爪にはいくつかの原因があるといわれていて、中には体調が原因の場合もあります。

 

たとえばスプーンネイルと呼ばれるそり爪の場合、鉄分不足などがが原因と言われてます。また日常的に重いものを持つなど爪の使い方によって反り爪になる場合があります。

 

もし、心あたりがある場合には、ネイルでは対処できない場合もありますので、その場合には医療機関へご相談されることをおすすめします。

 

ネイルの観点からいうと、そり爪対策でできることとして、爪の形を整えるという方法があります。

 

私の経験上爪先を尖らせるために、爪の両横を極端に削っている場合、そり爪は加速します。

 

対策としては爪の形を丸く整えます。またマニキュアやジェルネイルなどを爪に塗ると爪の内側に負荷がかかり、爪が巻く場合があります。これを利用してベースコートやマニキュアをするという方法でありますが、大切なのはやはり爪の形、というのが私の結論です。

 

 もしご自宅でケアする場合には、まず爪の両端を切りすぎない事が大切です。爪の形はスクエアか緩やかな丸形がベスト。

 

そして爪を伸ばしていくのですが、切る際にも深爪しないよう、爪の白い部分を1~2ミリ残すようにしてください。

 

足の指の場合には反っているとついつい切りすぎてしまいます。足の指の長さと同じぐらいがベストですのでそれ以上短くならないよう注意しながら切っていきます。

 

もし可能であれば爪にマニキュアやベースコートを塗っているのをおすすめします。爪の上にマニキュアやジェルネイルなど何か載っていることでそり爪が改善される場合もあります。

なお爪が反りにくくなる爪の形に削る、という方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

-----