ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ ネイルサロンを10倍楽しむための基礎知識

ネイルサロンのネイリストがお爪やネイルの疑問や悩みに答えます

深爪していたのですが最近爪を伸ばすようにしています。しかし爪を伸ばしてもピンク色の部分が少ないです。大きな爪になるにはどうしたらいいでしょうか?

【無料】ネイルとエステのプロが「綺麗な指先・手足にする方法」教えます

あなたはご自分の指先・手足を綺麗に育てる方法を無料で知りたくありませんか?プロのネイリスト・エステティシャンが「簡単にできる」とっておきの方法をメールでお教えします。今なら先着300名に特別レポート「硬くなった指先・割れる爪・シワを改善する3つの方法」も無料プレゼント。お申込はメールアドレス入力してボタンを押すだけ。無料です。ご登録は今すぐ。

メールアドレス入力


お悩み内容
深爪していたのですが最近爪を伸ばすようにしています。しかし爪を伸ばしてもピンク色の部分が少ないです。大きな爪になるにはどうしたらいいでしょうか?

 

ネイルサロン エクラーラ

ネイリストの回答
爪の形を工夫するだけで時間はかかりますがピンクの部分を広げることができます。

 

1か月後の爪の形は今から決まっている??

ネイルサロン・エクラーラの山崎です。こんにちは。
ネイルやお爪に関するお悩みにプロの視点からお答えします。

大きな爪になりたい、というご相談ですね。

 

爪のピンクを伸ばすには、ハイポニキウム(簡単に言うと爪と皮膚をくっつけている部分)を指先まで持ってくる必要があります。この部分が伸びると爪が大きく見え、それほど爪を伸ばさなくても爪が大きく見えます。

 

ネイルサロンで爪を削る際には、出来るだけ爪の両端を削りすぎないよう気を付けます。爪をとがらせすぎてしまったり、爪の両端をけずりすぎてしまったりすると、ハイポニキウムが爪の中心部分しか伸びなくなってしまうからです。

 

よくあるのが【爪を極端にとがらせてしまう】というケース。指先のお手入れを始める人がやりやすいです。

 

もちろんこの爪の形もすてきですが、やりすぎると爪が割れやすくなってしまったりします。また爪のピンクの部分をまんべんなく伸ばすためには爪とあまりにも尖らせてしまう、というのはおススメしません。

 

まんべんなく均一にハイポニキウムをのばすためには、爪の形は四角か緩やかな丸みをおびた形がおススメです。爪を横から見た時は、爪の両端が極端に反りあがらないよう、削りすぎには注意します。爪を横から見た際に爪の両端が反りあがっておらず、下がってもない、まっすぐに保っているのがベスト。

 

また爪のウラやハイポニキウムに垂らすネイルオイルも売られていますので、こちらを使いながらお手入れする、という方法もあります。

爪の削り方を工夫してキレイな爪を伸ばす方法もあります。詳しくはこちらを押してください。

-----